プロンプトの概要

前提条件
  • Architect > UI > View

システムプロンプトを操作するには、次の権限が必要です。

  • Architect > システム プロンプト > 編集する
  • Architect > システム プロンプト > 見る

ユーザープロンプトを操作するには、次の権限が必要です。

  • Architect > ユーザー プロンプト > 追加する
  • Architect > ユーザー プロンプト > 編集する
  • Architect > ユーザー プロンプト > 見る

プロンプトは、音声メッセージと音声合成 ( TTS )の組み合わせを「言語ごと」に保持するコンテナです。 これらのペアリングをプロンプト リソースと呼びます。 プロンプトは、アクションが必要であるまたはプロセスが完了し、ガイドのいくつかの並べ替えの相互作用を通して呼び出し元、呼び出し元に通知します。 例えば、コントロールがメニューに渡されたとき、またはコールが別のフローに転送されたときに、Architect はプロンプトを再生します。 一般的には、プロンプトを発信者に伝える何かを。  

ノート: 
  • Architect がオーディオ ファイルを再生可能な形式に変換できない場合、アップロードは失敗します。 プロンプト オーディオ ファイルはすべて .wav 形式でなければなりません。 .csv では、Architect は拡張子のない指定ファイルは .wav ファイルであるとみなします。
  • ファイルサイズは25MBに制限されています。
  • ユーザー プロンプト名の最大長は 200 文字です。

Architectには、2種類のプロンプトがあります。 ユーザープロンプトとシステムプロンプト ユーザーおよびシステムプロンプトにアクセスするために必要な権限については、を参照してください。 Architect権限の概要

前提条件

 以下の権限

  • Architect > ユーザー プロンプト > 追加する
  • Architect > ユーザー プロンプト > 編集する
  • Architect > ユーザー プロンプト > 見る
  • アーキテクト > フロー > 編集する
  • Architect > フロー > 公開する

ユーザー プロンプトは Architect のユーザーが作成する会社特有のプロンプトです。 適切な役割があれば、ユーザー プロンプトを作成、修正、削除できます。

ノート: 
  • Architect がオーディオ ファイルを再生可能な形式に変換できない場合、アップロードは失敗します。 プロンプト オーディオ ファイルはすべて .wav 形式でなければなりません。 .csv では、Architect は拡張子のない指定ファイルは .wav ファイルであるとみなします。
  • ファイルサイズは25MBに制限されています。
  • ユーザー プロンプト名の最大長は 200 文字です。

前提条件

 以下の権限

  • Architect > システム プロンプト > 編集する
  • Architect > システム プロンプト > 見る

システム プロンプトは、番号、日付、曜日、月などを示す Architect のデフォルト汎用プロンプトです。  システム プロンプトは、削除したり、名前や説明を変更したり、システム プロンプト リソースのテキストを修正したりすることはできません。  

デフォルト オーディオの上書きは可能です。 システム プロンプトで未設定の言語でオーディオを追加することもできます。  例えば、en-US の「CompanyGreeting」システム プロンプト リソースを修正したいとします。  [リソース]領域でプロンプトを編集して、作成した英語の .wav ファイルを録音またはアップロードできます。

上書きされていないデフォルトの音声を持つシステムプロンプトのテキストは、音声の長さの間、明るいテキストで表示されます。 オーディオがデフォルトであるかを確認するには、オーディオの持続時間のリンクをクリックします。 メニューが表示され、デフォルトのオーディオが使用されているかを示します。 オーディオが上書きされている場合、プロンプトをデフォルトのオーディオに戻すには、[デフォルトに戻す]リンクをクリックします。  

 メモ:   ユーザー プロンプトとは異なり、発行されたフローまたはアクティブなフローで使用されるプロンプトのシステム プロンプト オーディオを更新すると、更新されたプロンプトは即時にフローに反映されます。 システム プロンプトを更新するためにフローを再発行する必要はありません。 ユーザープロンプトに対する変更は、数分以内に有効になります。 システムプロンプトの変更が有効になるまでに最大1時間かかることがあります。

Architectは、次の.wavオーディオファイル形式のプロンプトオーディオファイルのアップロードをテストしてサポートしています。

  • 11,025 Hz 16 ビット PCM
  • 8,000 Hz 16 ビット PCM
  • 11,025Hz 8 ビット PCM
  • 11,025Hz µ-Law
  • 8,000Hz 8 ビット PCM
  • 8,000Hz µ-Law
  • 11,025 Hz 4 ビット ADPCM
  • 8,000 Hz 4 ビット ADPCM
  • 11,025 Hz GSM 06.10
  • 8,000 Hz GSM 06.10

 メモ:   他の形式も適切に動作する可能性がありますが、正式にはサポートされていません。    現在、.mp3 形式はサポートしていません。

プロンプト音声をアップロードすると、Architectはファイルを8ビットmu-law形式に変換します。 この変換によって、ランタイム時にプロンプト オーディオを Edge で再生可能になります。 Architect がアップロード済みのファイルを 8 ビット mu-law 形式に変換できない場合、アップロードは失敗します。

 メモ:   最高のオーディオ品質を保証するために、プロンプトを 8 ビット mu-law 形式で録音してください。 品質の劣化とボリュームの変換プロセスがあります。

発信者に聞こえる音声を確認するには、プレビュー機能を使用して音声を再生します。 Architect は、変換したオーディオ ファイルを保存済みの形式で再生します。

コールフロー、Architectを「スナップショット」、またはコピーすると、含まれているすべてのユーザがプロンプトを表示し、それらをパブリッシュされたフローとともに保存します。 発行されたフローまたはアクティブなフローに含まれるユーザープロンプトを削除する場合にスナップショットを作成すると、フローは削除されたプロンプトの影響を受けません。

メモ:   他のフローとは異なり、アーキテクトはボットフローを公開するときにプロンプトのスナップショットを作成しません。 ボットフローは常に最新バージョンのプロンプトを使用します。

ただし、公開されたフローまたはアクティブなフロー内で使用されるプロンプトを更新した場合は、その更新を組み込むためにフローを再公開する必要があります。 このアクションは、そのフロー内の更新されたユーザー プロンプトのスナップショットを作成するように Architect に指示します。  フローで使用されているプロンプト(複数可)を変更する場合、Architect はフローが再発行されるまで変更をユーザーに公開しません。 この動作により、一貫したカスタマーエクスペリエンスが保証されます。  変更を終了するまで、顧客には古いプロンプトが聞こえます。顧客は新旧のプロンプトが混在するのを聞くことはありません。

Smith’s Plumbingがaを構成したと仮定しましょう。 一次 フロー。 このフローには、というユーザープロンプトが含まれています。 初期の挨拶 それは「スミスの配管工事へようこそ」という声です。発信者に。 このフローは発行済みで、現在アクティブです。 Architect は、フロー発行時に Initial Greeting プロンプトのスナップショットを撮影しました。

しかし、数ヵ月後、スミスの2人の息子が加わったことで、家族経営の名前が変わりました。 初期の挨拶 &quot ;スミスとサンズ配管へようこそ&quot ;と言うように促します。

メインフローは実際のプロンプトではなくプロンプトのスナップショットを使用するため、 一次 フローは新しい初期グリーティングで自動的に更新されません。 更新されたプロンプトをフローに含めるには、プライマリー フローを開いて再発行する必要があります。

 メモ:   ユーザー プロンプトとは異なり、発行されたフローまたはアクティブなフローで使用されるプロンプトのシステム プロンプト オーディオを更新すると、更新されたプロンプトは即時にフローに反映されます。 システム プロンプトを更新するためにフローを再発行する必要はありません。 ユーザープロンプトに対する変更は、数分以内に有効になります。 システムプロンプトの変更が有効になるまでに最大1時間かかることがあります。

必要なプロンプトの種類に応じて、[ユーザープロンプト]タブまたは[システムプロンプト]ページからプロンプトを管理できるため、フォームを開かなくても簡単に追加、確認、および更新を行うことができます。 グループの作成に関する詳細については、 推奨コンテンツ. プロンプトが Architect でどのように動作するかについては、次のセクションをクリックしてご覧ください。

プロンプトリソースは音声メッセージで構成されています そして 音声合成 ( TTS )「言語ごと」のペアリング。 プロンプトを作成するとき、あなたのコンピューターからオーディオ コントロールを使用して、ブラウザーからプロンプト リソースを記録することがでくことができますアップロードは、以前に、.wav ファイルを記録します。 テキストの音声合成(TTS)コンテンツを入力することもできます。Architect はそれを発信者に向けた音声メッセージに変換します。

サポートする言語に応じて、1つのプロンプトに複数の言語の音声または音声合成 ( TTS )リソースを保存できます。 たとえば、記録したり、1 つの [ようこそ] プロンプトで英語・ スペイン語・ フランス語で歓迎の挨拶をアップロードできます。 Welcome プロンプト用にテキストの音声合成(TTS)を設定済みの各言語で入力することもできます。 1 つのプロンプトの複数の言語リソースを管理するフロー デザイナーではなく、利用可能な各言語のためのロジックを処理する方法に焦点を当てることができます。

実行時にプロンプトを再生するために使用される言語は、現在の言語として知られています。 Architect は現在の言語により再生するプロンプトの形式を認識します。 Architect が使用する言語は、次の方法で管理できます:

  • コールフローで特定の言語を指定することによって。 コールフローは、着信コールの特徴を調べて着信コールをフィルター処理します。 たとえば、特定の番号に電話をかけたとき(DNIS)、または希望するときにスペイン語で音声プロンプトを再生するコールフローを作成できます。-話すカスタマーは、既知の電話番号(ANI)から電話をかけます。 コールフローによって、回線、回線グループ、またはダイヤルされた番号(DNIS)に基づき、またはコールされた電話番号を調べることで(ANI)、容易に言語を選択できます。
  • 発信者がプロンプトの再生に使用される言語を選択できるようにします。 あなたが使用することができます 言語設定アクション 発信者に優先言語の選択を促すメニューを作成する。 これにより、発信者が動的に他のメニュー プロンプトを再生するために使用する言語を選択します。
  • タスクシーケンスを使用してコールフローを開始することもできます。 例えば、発信者の電話番号を検証し(ANI)、ANI から取得した連絡先情報に基づいてプロンプトの言語を自動的に設定して、該当する言語のプロンプトを含むコールフローを開始するメニューにコールを転送するように Architect に指示することができます。