Architectのユーザープロンプト

前提条件

 以下の権限

  • Architect > ユーザー プロンプト > 追加する
  • Architect > ユーザー プロンプト > 編集する
  • Architect > ユーザー プロンプト > 見る
  • アーキテクト > フロー > 編集する
  • Architect > フロー > 公開する

ユーザー プロンプトは Architect のユーザーが作成する会社特有のプロンプトです。 適切な役割があれば、ユーザー プロンプトを作成、修正、削除できます。

ノート: 
  • Architect がオーディオ ファイルを再生可能な形式に変換できない場合、アップロードは失敗します。 プロンプト オーディオ ファイルはすべて .wav 形式でなければなりません。 .csv では、Architect は拡張子のない指定ファイルは .wav ファイルであるとみなします。
  • ファイルサイズは25MBに制限されています。
  • ユーザー プロンプト名の最大長は 200 文字です。

コール フローでプロンプトの動作を更新

コールフロー、Architectを「スナップショット」、またはコピーすると、含まれているすべてのユーザがプロンプトを表示し、それらをパブリッシュされたフローとともに保存します。 発行されたフローまたはアクティブなフローに含まれるユーザープロンプトを削除する場合にスナップショットを作成すると、フローは削除されたプロンプトの影響を受けません。

メモ:   他のフローとは異なり、アーキテクトはボットフローを公開するときにプロンプトのスナップショットを作成しません。 ボットフローは常に最新バージョンのプロンプトを使用します。

ただし、公開されたフローまたはアクティブなフロー内で使用されるプロンプトを更新した場合は、その更新を組み込むためにフローを再公開する必要があります。 このアクションは、そのフロー内の更新されたユーザー プロンプトのスナップショットを作成するように Architect に指示します。  フローで使用されているプロンプト(複数可)を変更する場合、Architect はフローが再発行されるまで変更をユーザーに公開しません。 この動作により、一貫したカスタマーエクスペリエンスが保証されます。  変更を終了するまで、顧客には古いプロンプトが聞こえます。顧客は新旧のプロンプトが混在するのを聞くことはありません。

Smith’s Plumbingがaを構成したと仮定しましょう。 一次 フロー。 このフローには、というユーザープロンプトが含まれています。 初期の挨拶 それは「スミスの配管工事へようこそ」という声です。発信者に。 このフローは発行済みで、現在アクティブです。 Architect は、フロー発行時に Initial Greeting プロンプトのスナップショットを撮影しました。

しかし、数ヵ月後、スミスの2人の息子が加わったことで、家族経営の名前が変わりました。 初期の挨拶 &quot ;スミスとサンズ配管へようこそ&quot ;と言うように促します。

メインフローは実際のプロンプトではなくプロンプトのスナップショットを使用するため、 一次 フローは新しい初期グリーティングで自動的に更新されません。 更新されたプロンプトをフローに含めるには、プライマリー フローを開いて再発行する必要があります。

 メモ:   更新されたユーザープロンプトを直接参照する場合は、フローを再公開する必要があります。 ユーザープロンプトに対する変更は、数分以内に有効になります。 システムプロンプトの変更が有効になるまでに最大1時間かかることがあります。