プロンプトリソースの設定


前提条件
  • Architect > ; UI > ; 見る

システムプロンプトを操作するには、次の権限が必要です。

  • Architect > システム プロンプト > 編集する
  • Architect > システム プロンプト 表示(V)

ユーザープロンプトを操作するには、次の権限が必要です。

  • Architect > ユーザー プロンプト > 追加
  • Architect > ユーザー プロンプト > 編集する
  • Architect > ユーザー プロンプト > 表示(V)
Architectでは、プロンプトは基本的に、対話を通じて発信者を案内するために選択した1つまたは複数のプロンプトリソースのコンテナです。プロンプトは、アクションが必要な場合、またはプロセスが完了したことを発信者に知らせる音声メッセージです。例えば、コントロールがメニューに渡されたとき、またはコールがワークグループに転送されたときに、Architect はプロンプトを再生します。一般的には、プロンプトを発信者に伝える何かを。プロンプトリソースとは、プロンプトコンテナ内で指定した録音済みのオーディオファイルまたは音声合成のテキストです。

録音済みの.wavオーディオファイルをアップロードして、ユーザーコールプロンプトとして使用できます。あなたのコンピューターまたはデバイスお使いのブラウザーからにインストールされているマイクがあれば .wav 形式のオーディオ プロンプトを記録できます。また、音声合成 ( TTS )をプロンプトリソースに追加することもできます。

詳細については、次の記事を参照してください。

ページ 設定できる機能

オーディオ ファイルをアップロードします。

方法を学ぶ コールプロンプトとして使用する.wavオーディオファイルをアップロードします。

お使いのブラウザーからプロンプトを記録します。

コンピュータまたはデバイスにマイクが取り付けられている場合は、ブラウザからのプロンプトを.wav形式で録音できます。

音声認識にテキストを追加する

TTSまたはテキストからスピーチへの変換を使用して、Architectがスピーチに変換して発信者に読み返す単語または句を入力します。

オーディオ シーケンスをセットアップ

発信者に再生するオーディオ要素の順序付きシーケンスを設定します。