プロンプト管理


前提条件
  • Architect > UI > 表示(V)

システムプロンプトを操作するには、次の権限が必要です。

  • Architect > システム プロンプト > 編集する
  • Architect > システム プロンプト 表示(V)

ユーザープロンプトを操作するには、次の権限が必要です。

  • Architect > ユーザー プロンプト > 追加
  • Architect > ユーザー プロンプト > 編集する
  • Architect > ユーザー プロンプト > 表示(V)

以下のリストは、プロンプトを管理するために実行できるタスクを説明しています。コンテンツを展開するには、リンクをクリックします。 リンクをもう一度クリックしてコンテンツを折りたたみます。


適切な場合 あなたに割り当てられたArchitectユーザーエディタまたは管理者権限 ロール、既存のコールプロンプトを編集できます。Architectユーザー読み取り専用権限を持つユーザーは、読み取り専用モードでプロンプトの検索、表示、および聴取のみが可能です。

注意注:既存のフローの変更を反映するには、プロンプトを消費するフローを再公開する必要があります。プロンプトを使用するフローのリストについては、[Edit Prompt]ダイアログボックスでをクリックしてください。 消費フローを探す

  1. Architectホームページで、をクリックするか、 プロンプト メニューと選択 システム または ユーザー
  2. 編集するプロンプトを開くには、次のいずれかを実行して[プロンプトの編集]ダイアログボックスを開きます。
    • プロンプト名をクリックしてください。
    • 編集するプロンプトの横にあるチェックボックスをオンにして、[]をクリックします。 編集する ボタン。
    • のプロンプトをクリックします。  カラム。
  3. [ユーザープロンプトのみ] 必要に応じてプロンプトを編集します そして 説明
  4. 必要に応じてプロンプトリソースを変更します。
  5. クリック OK。更新されたプロンプトがプロンプトリストに表示されます。


コールフローを公開すると、Architectによってプロンプトのスナップショットが作成され、公開されたフローとともに保存されます。公開フローまたはアクティブフローで使用されているプロンプトを[User Prompts]タブから削除しても、そのコールフローには影響しません。プロンプトを削除すると、そのプロンプトのリソースも削除されます。システムプロンプトを削除することはできません。

  1. Architectホームページで、をクリックするか、 プロンプト メニューと選択 ユーザー
  2. 1つ以上のプロンプトを削除するには、以下のいずれかを実行します。
    • 削除するプロンプトの横にあるチェックボックスをオンにして、[]をクリックします。 削除する ボタン。
    • 削除する複数のプロンプトの横にあるチェックボックスをオンにして、をクリックします。 削除する ボタン。
  3. [プロンプトの削除]ダイアログボックスで、[]をクリックします。 OK