休暇申請を処理する

前提条件

 以下の権限

  • Workforce Management > タイムアウト要求 > 追加する、 管理する、 削除する、 編集する、そして 見る
  • 人員管理 > エージェントの休暇申請 > 参加する 

適切な権限を持つエージェントは、 パフォーマンス>ワークスペース>概要>エージェントタブ>スケジュール。 

メモ:   エージェントは、休暇を要求するときに、休暇活動カテゴリにマップされた活動コードのみを使用できます。 アクティビティ コードの管理についての詳細は、「アクティビティ コードの設定」を参照してください。

さらに、適切な権限を持つ管理者は、をクリックして休暇申請を追加、承認、編集、および拒否できます。 管理者 以下 労働力管理、 選択 休暇申請。 タイムオフ要求がすべてのタイムオフ計画および制限条件を通過した場合、自動承認エンジンはタイムオフ要求を承認済み状態にします。 タイムオフ要求がすべてのタイムオフ計画および制限条件を通過しない場合、自動承認エンジンはタイムオフ要求を保留状態にします。

管理者は、休暇申請を承認または拒否できます。 通知権限を使用すると、エージェントの休暇申請が自動承認されなかったときに通知を受け取ることができます。 

エージェントごとの制限

各エージェントについて、システムは最後の最大値を保持して表示します。

  • 保留中のリクエスト50件
  • 承認された150の要求
  • 30拒否された要求
  • キャンセルされた依頼20件

別のタイムゾーンからの表示

デフォルト 、このビューはビジネス単位のタイムゾーン使用しタイムゾーン 。 管理者権限を持つユーザーは、ビューの右上隅にあるリストから選択することによって表示されるタイムゾーンを変更できます。 このオプションは、異なるタイムゾーンからビューにアクセスする管理者にとって役立ちます。

関連タスク

タスク    説明
休暇申請ページをナビゲートする [休暇申請]ページで利用可能なオプションを表示します。
休みの申請を追加 1人以上のエージェントに休暇申請を追加します。
休暇申請を編集する 1つ以上のエージェントに対する休暇申請を編集します。
休みの申請を承認 保留中または以前に拒否された休暇申請を承認します。
休みの申請を却下 保留中または以前に承認された休暇申請を拒否します。
休暇申請のフィルターと並び替え 時間切れ要求をフィルタリングしてソートします。
スケジュールでエージェントに全日の休みを追加 公開済みまたは未公開のスケジュール内で、1人または複数のエージェントに1日の休日を作成します。
休暇申請の同期 休暇の違いを確認し、違いごとにデフォルトの修正を適用
注意: Any タイムオフリクエストノートの編集が、すでに同期されているタイムオフリクエストに自動的に反映されない。 管理者は、スケジュールエディター上で最新のメモの変更をタイムオフリクエストアクティビティに同期させるために、リスケジュールを実行する必要があります。