共通モジュールフローでの作業

共通モジュールのフロー タイプを使用してロジックを1回構築し、複数のフローおよびフロー タイプで再利用します。 すべてのフロー タイプで共通モジュール フローを使用するように設定できます。 たとえば、顧客バランスを確認するタスクを作成し、そのプロセスを複数のコールフローと複数のチャットフローで再利用できます。 共通モジュールは、入力データを受け入れ、出力データを返し、呼び出しと対話します。 フロー設計プロセスに共通のモジュールフローを組み込むことで、複数のフローでフローロジックを複製する必要性が減り、開発時間と労力が減ります。

メモ: 
  • 別の公開されたフローで共通のモジュール フローを参照する場合、共通のモジュール フローを削除することはできません。
  • 共通モジュール フローは、別の共通モジュール フローでは使用できません。
  • システムは、コンシューム フローからのサードパーティのテキスト ツー スピーチ設定を使用します。 これらの設定は、共通モジュールフローでは構成できません。
  • Common module flows have a lower size limit than other flow types.

互換性のあるフロータイプと共通のアクションとデータタイプを共有

共通モジュールフローでは、フロー間で共通のアクションとデータタイプを共有することができます。 ただし、異なるフロータイプ間でフロー固有のアクションを共有することはできません。 複数のフロータイプを選択した場合、システムは、アクションとデータタイプを異なるフロータイプが共有するものに限定します。

たとえば、 自動返信アクションの送信 コールフローではありません。 したがって、電子メールと通話フローに共通のモジュール互換性を選択した場合、[自動返信の送信]アクションは表示されません。 電子メールフローの互換性のみを選択した場合、電子メールフローで使用可能なすべてのアクションは、共通のモジュールフローで使用するために表示されます。

共通モジュールのバージョン管理

Architect は、共通モジュールをコンシューム フローにスナップショット化します。 共通のモジュールに変更を組み込むには、コンシューム フローを再公開する必要があります。 別のフローで共通モジュールを使用する場合、Architectは共通モジュールフローの最新バージョンを使用します。 共通モジュールの新しいバージョンを公開する場合、共通モジュールへの変更をピックアップするために、呼び出しフローを再公開する必要があります。

共通モジュールの古いバージョンを使用するには、最初に消費フローを公開してから、共通モジュールの新しいバージョンを作成します。 消費フローは、消費フローを再公開するまで、古いバージョンの共通モジュールを引き続き使用します。 一般的なモジュールフローバージョンを表示するには、依存関係追跡を使用してバージョン番号を表示します。 

一般的なモジュールの流れに慣れるには、以下のページを参照してください。

ページ 設定できる機能

共通のモジュールフローを作成する

Architect で共通のモジュール フローを作成および構成する方法を学びます。 

デフォルトのアクション設定をセットアップ

共通モジュールフローのデフォルトアクション設定を変更します。

複数のフローで共通ロジックを再利用

共通モジュールフローを作成したら、互換性のあるフロータイプで使用します。

式を使う

式を使用して、変数と演算子を選択して、洗練された複雑なフロー計算を構築します。

タスクおよび状態エディタのアクション

タスクの作成時に使用できるアクションについてお読みください。 

 メモ:   共通モジュールフローでは、フロー間で共通のアクションとデータタイプを共有することができます。 ただし、呼び出し元フロー タイプで使用できないアクションは共有できません。 

Architect のバージョン情報

デフォルト設定の構成など、フローに関する詳細情報を見つけてください。フロー管理依存関係の検索フロー設計リソースヒント、ベストプラクティス、およびトラブルシューティング 

Architect権限の概要

Architect権限は、フロー設計タスクまたはジョブ機能に基づいています。 Genesys Cloud組織の管理者は、Architectユーザーに適切な権限を割り当てる必要があります。 

ここに表示されるアクションは、共通モジュール フローを作成するときに選択する互換性のあるフロー タイプによって異なります。 詳細については、以下を参照してください。 タスクおよび状態エディタのアクション.