WebRTC電話トランク設定


WebRTC電話用の電話トランクを構成するときには、いくつかの基本設定を構成する必要があります。あなたに応じて 必要条件また、より高度な設定をいくつか設定する必要があるかもしれません。このリファレンスはWebRTC電話のためのCreate / Edit Phone Trunkページで見つけるすべての設定を記述しています。

設定 説明

電話トランク名

このフィールドを使用して、電話トランクにわかりやすい名前を付けます。

タイプ

このドロップダウンを使用して、電話のトランクタイプとしてWebRTCを選択します。

トランクの状態

電話トランクの動作状態を変更するには、このスイッチを使用します。

デフォルト設定はIn-Serviceです。

接続の構成


設定 説明

言語

このドロップダウンを使用して、このトランクに着信するすべてのコールに使用する言語を選択してください。

注意:この言語はArchitectの設定で上書きすることができます。

コール

設定 説明

最大コールレート

これを使って このトランクで許可される期間ごとのコールの平均数を指定するフィールド。このレートは、インバウンドコールとアウトバウンドコールの両方に適用されます。

この数は、10進数または小数として指定できます。例えば:

  • 40/5秒:40コール/ 5秒
  • 3.5 / 2分:3.5コール/ 2分
  • 2.5 / 1時間:2.5コール/ 1時間

ダイアルの最大タイムアウト

このフィールドを使用して、発信通話の試行が中止されるまでの最大遅延秒数を指定します。

設定 説明

トランスポート DSCP 値

このドロップダウンを使用して、RTPおよびRTCPパケットのQuality of Service(QoS)のDifferentiated Services Code Point(DSCP)値を選択します。

システムはこの値をTOS(Type Of Service)フィールドの上位6ビットに入れます。TOSフィールドはすべてのIPヘッダーにあります。 RTPとRTCP パケット。利用可能な値の範囲は00(0,000000)から3F(63、111111)です。

再試行可能な理由コード

このフィールドを使用して、有効なSIP理由コードのリストを入力してください。この回線で発信されたアウトバウンドコールがこのリストのSIP理由コードの1つを返す場合、そのコールは次の行で再試行されます。

個々の理由コードまたは理由コードの範囲をコンマで区切って指定できます。

デフォルトでは、Genesys Cloudは、最も一般的な再試行可能コードのリストを再試行可能理由コードフィールドに自動的に入力します。

デフォルトのコードリスト:500-599

再試行可能な原因コード

このフィールドを使用して、有効なQ.850原因コードのリストを入力してください。この回線で発信されたアウトバウンドコールが Q.850 原因 このリストのコード、それからそのコールは次のラインで再試行されます。

個々の理由コードまたは理由コードの範囲をコンマで区切って指定できます。

デフォルトでは、Genesys Cloudは、最も一般的な再試行可能コードのリストを[再試行可能原因コード]フィールドに自動的に入力します。

デフォルトのコードリスト:

1-5,25,27,28,31,34,38,41,42,44,46,62,63,79,91,96,97,99,100,103

TCP 設定

設定 説明

TCP 接続タイムアウト

このフィールドを使用して、リモートIPアドレスへのTCP接続を失敗としてマークし、ポートを到達不能としてマークするまでに遅延する秒数を指定します。

TCP 接続待機時間タイムアウト

このフィールドを使用して、TCP接続が自動的にクローズされるまでアイドル状態を維持できる秒数を指定します。

設定 説明

DSCP 値

このドロップダウンを使用して、RTPおよびRTCPパケットのQuality of Service(QoS)のDifferentiated Services Code Point(DSCP)値を選択します。

システムはこの値をTOS(Type Of Service)フィールドの上位6ビットに入れます。TOSフィールドは、すべてのRTPおよびRTCPパケットのIPヘッダーにあります。利用可能な値の範囲は00(0,000000)から3F(63、111111)です。デフォルト値は 2E (46 101110) EF。

メディア方式 

このドロップダウンを使用して、使用する方法を選択してください。 提供 発信通話を行うときに相手方にSDP(セッション記述プロトコル) このオファーは、使用するIPアドレスとポートとともに、メディアストリームとコーデックのセットを提案します。

メディア方式には3つの選択肢があります。

  • 通常:通常の方法を使用します。これは、最初のSIP INVITE要求でSDPオファーを送信します。
  • 遅延:遅延方式を使用します。 SDP応答を送信する前に、SDPオファーを返信します。
  • 自動:システムが通常の方法と遅延方法のどちらを使用するかを選択できます。

推奨されるコーデック一覧

Opusコーデックにはこのセクションのコントロールを使用してください。

注意:WebRTCはOpusコーデックでのみ動作します。

SRTP 暗号適合リスト

Uこのセクションのコントロールを使用して、それに応じて提供または許可するSRTP暗号スイートの優先リストを選択および構築します。利用可能な選択肢は以下のとおりです。
  • AES_CM_128_HMAC_SHA1_32
  • AES_CM_128_HMAC_SHA1_80
  • AES_CM_192_HMAC_SHA1_32
  • AES_CM_192_HMAC_SHA1_80
  • AES_CM_256_HMAC_SHA1_32
  • AES_CM_256_HMAC_SHA1_80

アイドルRTPで切断

このスイッチを使用して、RTPが長期間受信されないときにコールを切断する機能を有効または無効にします。

デフォルト設定は有効です。

DTMF 設定

設定 説明

DTMF ペイロード

DTMFメソッドタイプがRTPイベントの場合に使用するペイロードタイプ値を指定します。有効な範囲は 96〜127 です。デフォルト値は 101 です。

DTMF Method値がRTP Eventsに設定されている場合にのみ有効です。

DTMF 方法

ドロップダウンを使用して、Dual Tone MultiFrequency(DTMF)シグナリングの送信に使用する方法を選択します。デフォルト値はRTP Eventsです。

DTMF方式には3つの選択肢があります。

  • RTP Events:RTPストリームからのイベントの帯域外処理を有効にします(RFC 2833または4733)。
  • 帯域内オーディオ:処理、検出、および合成を可能にします イベントの オーディオコーデックストリームから。
  • なし:DTMFメソッドを使用しません。

設定 説明

メディア キャプチャ

このスイッチを使用して、メディアキャプチャを有効または無効にします。

デフォルト設定は無効です。

メディアキャプチャ設定は、Genesys Cloudテクニカルサポート担当者と作業している間に有効にできるように設計されています。これを有効にすると、診断およびトラブルシューティングの目的で使用できるライブパケットストリームを含むHPAAパケットファイルフォーマット(HPAACAP)ファイルが生成されます。したがって、メディアキャプチャの設定は、Genesys Cloudテクニカルサポートの指示に従ってのみ有効にしてください。

警告:
  • メディアキャプチャを有効にすると、パフォーマンスが低下し、QoSに影響を与える可能性があります。
  • メディアキャプチャは、セキュアIVRフローを介して入力されたデータを含め、システムに入力されたすべてのデータを記録します。これには、公開またはキャプチャしてはいけない機密データが含まれる可能性があります。そのため、組織でSecure IVRを使用している場合は、[メディアキャプチャ]設定を有効にしないでください。
  • PCI 準拠の Genesys Cloud 組織で PCI DSS 設定を有効にしている場合、メディア キャプチャを有効にすることはできません。メディア キャプチャの設定は使用できません。

プロトコル キャプチャ

このスイッチを使用して、プロトコルキャプチャを有効または無効にします。

デフォルト設定は無効です。

Protocol Capture設定は、Genesys Cloudテクニカルサポート担当者と作業している間に有効にできるように設計されています。有効にすると、診断やトラブルシューティングの目的で使用できるプロトコル固有のネットワーク情報を含むPCAPファイルが生成されます。したがって、Genesys Cloudテクニカルサポートの指示に従ってプロトコルキャプチャ設定のみを有効にしてください。

警告:
  • プロトコルキャプチャを有効にすると、パフォーマンスが低下し、QoSに影響を与える可能性があります。
  • プロトコルキャプチャは、セキュアIVRフローを介して入力されたデータを含め、システムに入力されたすべてのデータを記録します。これには、公開またはキャプチャしてはいけない機密データが含まれる可能性があります。そのため、組織でSecure IVRを使用している場合は、プロトコルキャプチャ設定を有効にしないでください。
  • PCI 準拠の Genesys Cloud 組織で PCI DSS 設定を有効にしている場合、プロトコルキャプチャを有効にすることはできません。プロトコルキャプチャ設定は利用できません。

次の時点までキャプチャ

カレンダーと時計のコントロールを使用して、データを収集したい期間を指定します。


カスタムオプションは、Genesys Cloud Customer Careの担当者がトラブルシューティングや特別な状況のために外部トランク構成を変更できるように設計されています。カスタムプロパティ設定は、Genesys Cloud Customer Careの指示に従ってのみ入力してください。
設定 説明
プロパティ名 カスタムプロパティに割り当てる名前。
データ タイプ 

カスタムプロパティのデータ型。

利用可能なデータ型は次のとおりです。

  • ブール値
  • テキスト
  • 番号
  • リスト

カスタムプロパティを割り当てる値。

Valueフィールドで許可されているデータは、選択したデータタイプによって異なります。

  • [ブール]を選択すると、[値]フィールドがTrueとFalseを含むドロップダウンに変わります。
  • 「テキスト」を選択すると、「値」フィールドはフィールドに入力した文字をすべて受け入れます。
  • 数値を選択すると、値フィールドは数字のみを受け入れます。
  • [リスト]を選択すると、[値]フィールドには、カンマ区切りリストとして入力されたデータのみが受け入れられます。あなたは引用符で囲まれた数字と文字を入力することができます(“ a”、“ b”)