Google DialogflowESボットでアーキテクトプロンプトを使用する

テキスト読み上げを使用する代わりに、Google DialogflowESボットでアーキテクトプロンプトを作成して使用できます。 この機能を使用すると、確立されたDialogflow ESプロンプトを事前に記録してから、Architectに保存することで使用できます。  

ボットのアーキテクトユーザープロンプト機能を構成するには、最初に カスタムペイロード応答 Google DialogflowESコンソールで。 構成後、システムは、Dialogflow ESの音声とテキストの応答ではなく、ユーザープロンプトからの音声とテキストをインテントに使用します。

メモ: 
  • 1つのカスタムペイロードには、割り込みとユーザープロンプトの両方のキーを含めることができます。
  • 設定されたプロンプトを取得するときにシステムで問題が発生した場合、システムは以前に設定されていないかのように音声とテキストを使用します。
  • この機能は、システムプロンプトではなく、ユーザープロンプトのみをサポートします。

Google DialogflowESインテントごとにArchitectユーザープロンプト機能を有効にする

  1. を作成します Architectのユーザープロンプト
  2. Google Cloud Platform コンソール 、 Dialogflowコンソール.
  3. エージェントを選択します。
  4. インテントを選択 左側のサイドバーメニュー。
  5. インテントを選択します。
  6. 下にスクロールして 反応 セクション。
  7. クリック 回答を追加 次にクリックします カスタムペイロード.
  8. 表示されるメニューから、をクリックします アップロードする。
  9. 手順1で作成したプロンプトの名前を使用して、以下のいずれかの方法で、アーキテクトがプロンプトの機能を使用できるようにします。
    • シングルユーザープロンプトの場合は、カスタムペイロードレスポンスに次のコードを追加します。
      {{
      
       「ユーザープロンプト」: 「ArchitectUserPromptName」
      
       }
    • 複数のユーザープロンプトの場合、このコードをカスタムペイロードのレスポンスに追加してください。
      {
           "プロンプト "です。 [
                {"user-prompt": "ArchitectUserPromptName1"}です。
                {"user-prompt": "ArchitectUserPromptName2"}。
           ]
      }
  10. 保存するをクリックします。