Google Cloud Dialogflow ES ボットで Architect プロンプトを使用

テキスト音声変換を使用する代わりに、Google Cloud Dialogflow ES ボットを使用して Architect プロンプトを作成し、使用することができます。この機能により、あらかじめ Dialogflow ES プロンプトを録音して Architect に保存することにより、確立された Dialogflow ES プロンプトを使用できます。

ボットに対して Architect ユーザー プロンプト機能を設定するには、まず Google Cloud Dialogflow ES コンソールでカスタム ペイロード レスポンスを作成します。設定後、システムは Dialogflow ES の音声とテキスト応答の代わりにユーザー プロンプトからの音声とテキストを使用します。

メモ
  • 1 つのカスタム ペイロードに、バージイン プロンプトとユーザー プロンプトの両方のキーを含めることができます。
  • 設定されたプロンプトの取得中にシステムに問題が発生した場合、音声とテキストは以前に設定されていないかのように使用されます。
  • この機能はユーザー プロンプトのみをサポートし、システム プロンプトはサポートしません。

Google Cloud Dialogflow ES インテントごとに Architect ユーザー プロンプト機能を有効にする

  1. Architect ユーザー プロンプトを作成します。
  2. Google Cloud Platform コンソール 、 Dialogflowコンソール.
  3. エージェントを選択します。
  4. インテントを選択 左側のサイドバーメニュー。
  5. インテントを選択します。
  6. 下にスクロールして 反応 セクション。
  7. クリック 回答を追加 次にクリックします カスタムペイロード.
  8. 表示されるメニューからカスタム ペイロードをクリックします。
  9. ステップ 1 で作成したプロンプトの名前を使用して、次のコードをカスタム ペイロード レスポンスに追加します。このカスタム コンテンツにより、Architect はプロンプト機能を使用できます。
    {
    
    "user-prompt": "ArchitectUserPromptName"
    
    }
  10. 保存するをクリック。