番号操作への転送の設定

この操作により、組織外の電話番号に通話が転送されます。 たとえば、インタラクションを営業時間外のコールセンターにルーティングしたり、営業時間後に入ってきたインタラクションを別のオフィスに転送するには、このオプションを使用します。 フロー作成者は宛先電話番号を事前設定します。 発信者は宛先を制御することはできません。  

  1. ツールボックスから、 転送 カテゴリをドラッグして 番号へ転送 フローメニューの適切な場所へのアクション。
  2. 名前フィールドに、転送アクションの有意義な名前を入力します。 この名前は、フロー メニューで転送ノード名になります。
  3. (フローメニューのみ)DTMFとオプションの音声認識設定を設定します。
    1. クリック DTMF ダイヤルパッドを押し、発信者が発信者データ入力操作を入力するために押すキーを選択します。  
    2. の中に 音声認識 オプションで、メニューオプションに関連付ける単語やフレーズを追加できます。
    3. ユーザが内線番号を検索するために任意のメニューからこの番号を押すことを許可するには、 DTMFは任意のメニューからこのメニュー選択に行きます チェックボックス
    4. 音声認識エンジンがフローのどこかで口頭の要求に一致する場合に現在のメニューにユーザーを送信するには 音声認識用語は、どのメニューからでもこのメニュー項目に移動します。 チェックボックス
    5. の中に 音声認識 オプションで、メニューオプションに関連付ける単語やフレーズを追加できます。
  4. の中に このフィールドに宛先の電話番号を入力します。 
     メモ:   文字列データをここに入力できます。希望する文字を使用できます(数字、文字、ダッシュ、括弧)。 電話番号の他に、次のものを入力できます。
    •   SIP:John.Doe@company.com などの SIP アドレス。
    •   単語ベースの電話番号 (1-800-RENT-NOW)。
    •   ATTR_NAME をいずれかのコール属性で置き換える $(ATTR_NAME) 形式のコール属性。 この属性を使用すると、Architectで以前に設定したcall属性をパラメータに設定できます。
  5. (任意)外部リンク設定でリンク転送解除機能がアクティブになっている場合は、ブール値を設定します。 詳細については、 番号へ転送アクション
  6. Genesys Cloudが次の利用可能なグループメンバーに通話を転送する前に、デフォルトの通話タイムアウト設定を上書きするには、次の手順に従います。
    1. 接続タイムアウトをクリックします。
    2. 使用 + または  - ボタンを押すか、秒またはミリ秒で適切な値を手動で入力します。
    3. このフローが公開されている場合は、再公開します。 この手順により、転送が失敗した場合、既存のフローが設定された障害パスをたどります。 
  7. (オプション) 転送前オーディオプロンプトを選択する、音声にテキストを追加する、または オーディオシーケンスを設定する システムがインタラクションを転送する前にプレイする。
  8. (オプション) 音声転送失敗、プロンプトを選択し、音声にテキストを追加します。 または オーディオシーケンスを設定する 転送アクションが失敗を検出した場合、発信者に再生されます。
  9. (フロータスクのみ)転送アクションの設定 失敗 システムがインタラクションをユーザーに転送できない場合はpath。

     メモ:   セキュアフローに含まれる転送アクションの場合、Genesys Cloudは定義された障害パスをオーバーライドし、通話を切断します。 通常のコンサルテーションVXML転送タイプは、セキュアフローで問題になる可能性があります。したがって、GenesysCloudはブラインド転送を使用します。 詳細については、を参照してください。 の推奨事項 <transfer> エレメント。 この動作は、ACD、ユーザ、外部番号、グループ、その他のフロー、およびボイスメールへの転送で発生します。

  10. フロー設計に従ってタスクの作成を続けます。