ボイスメールへ転送のアクションをセットアップ


前提条件

このアクションを使用して、現在のインタラクションをGenesys Cloudユーザー、キュー、またはグループボイスメールに直接転送します。ボイスメールへの転送は、インバウンド、アウトバウンド、およびキュー内フロータイプで利用できます。ボイスメールへの転送アクションをフローメニューまたはタスクシーケンスに追加できます。このアクションを実装するときは、次のことを考慮してください。

  • あなたが選択した場合は削除ユーザーまたはキューシステムからの、あなたは、この転送アクションを更新しない、流れは、このアクションの段階で失敗しました。
  • 組織でボイスメールが有効になっていない場合、 Architectはエラーメッセージを返します。
  • Genesys Cloudユーザーがボイスメールを設定していない場合、ユーザー名はグレー表示され選択できません。

メモ
  • 発信者がボイスメールメッセージを完成したら、DTMF番号を押して録音を終了できます。システムは発信者に設定不可のメニューを表示します。このメニューでは、デフォルトで音声認識が有効になっています。メッセージの送信、確認、再録音、およびキャンセルの各オプションがあります。発信者はボイスメールを送信して通話を終了するために電話を切ることもできます。
  • 最大メッセージ長は3分です。発信者が最大長に達すると、システムは、「最大メッセージ長に達しました」という再生不可のメッセージを表示してプロンプトを出します。このメッセージの後には、同じ設定不可能なメニューが続きます。ここでは、デフォルトで音声認識が有効になっています。メッセージの送信、レビュー、再録音、およびキャンセルの各オプションがあります。発信者はボイスメールを送信して通話を終了するために電話を切ることもできます。
  • このアクションでは、時に発信者退出ではなく、ボイスメールキューにいる間、 待ちエージェントに接続するには、 インタラクション音声の優先順位を保持インタラクション 、および次の使用可能なエージェントにボイスメールのルートを。


  1. から ツールボックス、展開する 転送 カテゴリーとドラッグ ボイスメールに転送 フローメニューまたはタスクシーケンスへのアクション。
  2. 名前フィールドに、転送アクションの有意義な名前を入力します。この名前は、フロー メニューで転送ノード名になります。
  3. (コールフローメニューのみ)DTMFおよびオプションの音声認識設定を設定します。
    1. DTMF (プッシュ信号)をクリックし、発信者が押すキーを選択し、発信者のデータ エントリ操作を入力します。
    2. (オプション) 音声認識 フィールドに、メニューオプションに関連付けることができる単語またはフレーズを追加します。
    3. ユーザーメニューからこの番号を押すことを許可するには、 DTMFは、任意のメニューからこのメニュー選択に移動します チェックボックス。
    4. 音声音声認識エンジンがフロー内の任意の場所で口頭のリクエストに一致した場合、現在のメニュー操作にインタラクションをすぐに送信するには、 音声認識用語は、任意のメニューからこのメニュー選択に移動します チェックボックス。
  4. 転送先、 以下をせよ:
    1. 選択する ユーザー
    2. ボイスメールを転送するグループを選択します。
  5. 転送前の音声、プロンプトを選択する、音声にテキストを追加する、または オーディオシーケンスを構成する システムが転送する前に発信者に対して再生する。
  6. 失敗した転送音声、プロンプトを選択し、音声にテキストを追加し、 または オーディオシーケンスを構成する 転送アクションが障害を検出した場合に再生します。
  7. (コールフロータスクのみ)転送アクションの構成 失敗 イベントでのパスそのインタラクションに転送することができないユーザーのボイスメール。

    注記:セキュアフローに含まれる転送アクションの場合、Genesys Cloudは定義された障害パスを上書きし、通話を切断します。 通常のコンサルテーションVXML転送タイプは、セキュアフローで問題になる可能性があります; そのため、Genesys Cloudはブラインド転送を使用します。 詳細については、以下を参照してください。 の推奨事項 <transfer> 要素。 この動作は、ACD、ユーザ、外部番号、グループ、その他のフロー、ボイスメールへの転送で発生します。

  8. フロー設計に従ってタスクの構築を続けます。


  1. から ツールボックス、展開する 転送 カテゴリーとドラッグ ボイスメールに転送 フローメニューまたはタスクシーケンスへのアクション。
  2. 名前フィールドに、転送アクションの有意義な名前を入力します。この名前は、フロー メニューで転送ノード名になります。
  3. (コールフローメニューのみ)DTMFおよびオプションの音声認識設定を設定します。
    1. DTMF (プッシュ信号)をクリックし、発信者が押すキーを選択し、発信者のデータ エントリ操作を入力します。
    2. オプショナル の中に 音声認識 フィールドに、メニューオプションに関連付けることができる単語またはフレーズを追加します。
    3. ユーザーメニューからこの番号を押すことを許可するには、 DTMFは、任意のメニューからこのメニュー選択に移動します チェックボックス。
    4. 音声音声認識エンジンがフロー内の任意の場所で口頭のリクエストに一致した場合、現在のメニュー操作にインタラクションをすぐに送信するには、 音声認識用語は、任意のメニューからこのメニュー選択に移動します チェックボックス。
  4. 転送先、 以下をせよ:
    1. 選択する キュー
    2. インタラクションを転送するキューを選択します。
  5. 転送前の音声、プロンプトを選択する、音声にテキストを追加する、または オーディオシーケンスを構成する システムが転送する前に発信者に対して再生する。
  6. 失敗した転送音声、プロンプトを選択し、音声にテキストを追加し、 または オーディオシーケンスを構成する 転送アクションが失敗を検出した場合に発信者に再生します。
  7. 下 ボイスメールの挨拶、プロンプトを選択する、テキストを音声に追加する、または オーディオシーケンスを構成する システムの後、発信者に再生するために転送 インタラクション
  8. ボイスメールコールバック設定、voicemail コールバック設定を構成します。
    • (オプション) 呼び出し先名:コールバックで使われる名前 
    • コールバック番号:コールバックの目的で発信者の電話番号を指定する文字列式。例えば、 ToPhoneNumber(Call.Ani)。このフィールドは必須であり、空白にはできません。
      注意:フローでコールコールバックアクションを作成する場合、ベストプラクティスでは、コールデータ アクションとオーディオシーケンスをペアリングし、発信者に別の番号を提供するオプションを与える入力データアクションを収集することをお勧めします。詳細については、 コールバック電話番号を作成する
  9. ボイスメールスクリプトの設定、適切な選択スクリプトエージェントが中に使用するコールバック 。
  10. インプット、選択したスクリプトに応じて、オプションでデフォルト スクリプト入力設定を変更します。
  11. (コールフロータスクのみ)転送アクションの構成 失敗 インタラクションをキューのボイスメールに転送できない場合のパス。

    注記:セキュアフローに含まれる転送アクションの場合、Genesys Cloudは定義された障害パスを上書きし、通話を切断します。 通常のコンサルテーションVXML転送タイプは、セキュアフローで問題になる可能性があります; そのため、Genesys Cloudはブラインド転送を使用します。 詳細については、以下を参照してください。 の推奨事項 <transfer> 要素。 この動作は、ACD、ユーザ、外部番号、グループ、その他のフロー、ボイスメールへの転送で発生します。

  12. フロー設計に従ってタスクの構築を続けます。

  1. から ツールボックス、展開する 転送 カテゴリーとドラッグ ボイスメールに転送 フローメニューまたはタスクシーケンスへのアクション。
  2. 名前フィールドに、転送アクションの有意義な名前を入力します。この名前は、フロー メニューで転送ノード名になります。
  3. (コールフローメニューのみ)DTMFおよびオプションの音声認識設定を設定します。
    1. DTMF (プッシュ信号)をクリックし、発信者が押すキーを選択し、発信者のデータ エントリ操作を入力します。
    2. (オプション) 音声認識 フィールドに、メニューオプションに関連付けることができる単語またはフレーズを追加します。
    3. ユーザーメニューからこの番号を押すことを許可するには、 DTMFは、任意のメニューからこのメニュー選択に移動します チェックボックス。
    4. 音声音声認識エンジンがフロー内の任意の場所で口頭のリクエストに一致した場合、現在のメニュー操作にインタラクションをすぐに送信するには、 音声認識用語は、任意のメニューからこのメニュー選択に移動します チェックボックス。
  4. 転送先、 以下をせよ:
    1. 選択する グループ
    2. インタラクションを転送するグループを選択します。
  5. 転送前の音声、プロンプトを選択する、音声にテキストを追加する、または オーディオシーケンスを構成する システムが転送する前に発信者に対して再生する。
  6. 失敗した転送音声、プロンプトを選択し、音声にテキストを追加し、 または オーディオシーケンスを構成する 転送アクションで障害が発生した場合に発信者に対して再生します。
  7. (コールフロータスクのみ)転送アクションの構成 失敗 インタラクションをグループのボイスメールに転送できない場合のパス。

    注記:セキュアフローに含まれる転送アクションの場合、Genesys Cloudは定義された障害パスを上書きし、通話を切断します。 通常のコンサルテーションVXML転送タイプは、セキュアフローで問題になる可能性があります; そのため、Genesys Cloudはブラインド転送を使用します。 詳細については、以下を参照してください。 の推奨事項 <transfer> 要素。 この動作は、ACD、ユーザ、外部番号、グループ、その他のフロー、ボイスメールへの転送で発生します。

  8. フロー設計に従ってタスクの構築を続けます。