文字起こしアクション

着信コールフローと発信コールフローで利用できるトランスクリプションアクションを使用すると、コールフローの音声文字機能を有効にできます。 このアクションをGenesys Cloud Performance > Workspace > Interactions > Transcript機能とともに使用すると、音声対話の内容を把握し、コンタクトセンターの従業員のトレーニングやフィードバックを改善し、ビジネス上の問題を特定することができます。 

メモ: 
  • 音声転写を使用するには、有効レコーディングにトランク 。 詳細については、 エッジグループの設定.
  • キューの音声文字変換を使用するには、組織の音声文字変換を有効にします。 詳細については、キューを作成して構成するの「すべてのインタラクションタイプの動作としきい値を設定する」を参照してください。
  • AudioHook Monitorを使用して、会話の音声をサードパーティーのサービスにストリーミングするには、AudioHook Monitorについて をご覧ください。
  • AudioHook Monitorを使用して会話音声をストリーミングする場合、このアクションでストリーミングが行われます。
  • このアクションは、キュー内フローでは使用できません。
  • Architect音声文字Architectは、サポートされている言語でのみ使用できます。

文字起こしアクションにアクセスするには、a タスク開き、オーディオカテゴリを展開して、文字起こしアクションをエディターにドラッグします。

注意: また、フローにTransfer to ACD アクション を追加し、関連するキューを選択すると、AudioHook Monitor を通して音声をストリーミングすることができます。

アクション    説明
名前フィールド ここで入力したラベルは、 タスクエディタでの転写アクションの名前になります。
フロー トランスクリプション

フローの転記を有効にするか無効にするかを選択します。 このブール式をtrueに設定すると、 Architectは転記を有効にします。 falseに設定した場合、または 、その後、フローの転記が無効になります。

デフォルト 、フローの転記が有効になります。