サポートされるコンテンツのプロファイル

前提条件:
  • Genesys Cloud User 3、Genesys Cloud User 1 Digital Upgrade 2、 又は Genesys Cloudユーザー2のデジタルアップグレード1
  • メッセージング >> サポートされているコンテンツ >> 追加消去編集、 と 意見

サポートされているコンテンツプロファイルは、エージェントと顧客が送信できるメディアタイプを識別します サードパーティのメッセージングオープンメッセージング。 これらのメディアタイプには、オーディオ、ビデオ、画像、テキスト、アプリケーション、高度なユーザー定義タイプが含まれます。 各メッセージングチャネル、およびインバウンドとアウトバウンドの添付ファイルのコンテンツプロファイルを設定できます。 メッセージングチャネル統合は、使用するコンテンツプロファイルを示します。 詳細については、メッセージングチャネルの設定手順を参照してください。

Genesys Cloudは、すべてのインバウンドファイルタイプと、アウトバウンドファイルタイプの.jpg、.png、および.gifを許可するデフォルトのコンテンツプロファイルを提供します。 コンテンツプロファイルをメッセージングチャネル統合に割り当てない場合は、デフォルトのコンテンツプロファイルが適用されます。 デフォルトのコンテンツプロファイルを管理するには:

  • GenesysCloudが提供するデフォルトのコンテンツプロファイルで許可されているファイルタイプを変更できます。
  • コンテンツプロファイル名の横にあるスターをクリックすると、別のコンテンツプロファイルをデフォルトとして設定できます。 新しいコンテンツプロファイルをデフォルトとして設定した場合、新しいデフォルトは新しいメッセージングチャネル統合にのみ適用されます。 新しいデフォルトのコンテンツプロファイルは、既存のメッセージングチャネル統合に関連付けられていません。
  • デフォルトのコンテンツプロファイルを削除することはできません。 現在の組織のデフォルトプロファイルを削除するには、最初に別のコンテンツプロファイルをデフォルトとして設定します。 

Genesys Cloudは、最大25MBの添付ファイルの送受信を許可します。 使用しているサードパーティのメッセージングプラットフォームには、さまざまなファイルサイズの制限がある場合があります。 メッセージングプラットフォームで許可される最大ファイルサイズは、接続されているメディアタイプによって異なります。 許可される最大ファイルサイズについては、サードパーティのメッセージングプラットフォームのドキュメントを参照してください。

サポートされているコンテンツプロファイルビューには、最も一般的なメディアタイプが表示されます。 このビューにリストされていないタイプを追加する場合は、APIを使用してください。 サポートされているコンテンツプロファイルには、インバウンドおよびアウトバウンドの添付ファイル用の有効なメディアタイプ文字列を含めることができます。 メディアタイプの例の詳細については、を参照してください。 メディアタイプ Internet Assigned Numbers Authority(IANA)のWebサイト。 APIは、すべての画像タイプを許可する場合は「image / *」、すべてのメディアタイプを許可する場合は「* / *」など、アスタリスク(*)ワイルドカード文字を含む文字列を使用することもできます。 注意:   すべてのメディアタイプを許可すると、不要なファイルや悪意のあるファイルを受け取るリスクが高まります。 サポートされているコンテンツにAPIを使用する方法の詳細については、以下のメッセージングリソースを参照してください。 会話APIリソース Genesys Cloud DeveloperCenterのリスト。

サポートされているコンテンツプロファイルを構成する

  1. 管理者をクリックします。 
  2. メッセージ、 選択する サポートされているコンテンツプロファイル
  3. クリック 新しいコンテンツプロファイル
  4. コンテンツプロファイルの名前を入力します。
  5. クリック ファイルタイプの追加
  6. の中に インバウンドファイルタイプの追加 ペインで、許可するファイルタイプを選択します。 でカテゴリを選択します 意見 リスト。 または、ファイルタイプをフィルタリングするには、検索ボックスへの入力を開始します。 すべてを選択することも、個々のファイルタイプを選択することもできます。 選択したタイプの横にチェックマークが表示されます。
  7. クリック インバウンドファイルを追加する。 選択したファイルタイプがに表示されます インバウンド タブ。
  8. アウトバウンド タブ をクリック 。 の中に アウトバウンドファイルタイプの追加 ペインで、許可するファイルタイプを選択します。 でカテゴリを選択します 意見 リスト。 または、ファイルタイプをフィルタリングするには、検索ボックスへの入力を開始します。 すべてを選択することも、個々のファイルタイプを選択することもできます。 すべてを選択するか、個々のファイルタイプを選択します。 選択したタイプの横にチェックマークが表示されます。
  9. クリック アウトバウンドファイルを追加する。 選択したファイルタイプがに表示されます アウトバウンド タブ。
  10. 作成するをクリックします。
メモ:   サポートされているコンテンツプロファイルを作成したら、メッセージングチャネル統合でコンテンツプロファイルを割り当てます。 コンテンツプロファイルを割り当てない場合、統合により現在のデフォルトのサポートコンテンツプロファイルが割り当てられます。

サポートされているコンテンツプロファイルをテストする

メッセージングチャネルは、サポートするメディアタイプが異なります。 使用しているサポートされているコンテンツプロファイルが、メッセージングチャネルで許可されているメディアタイプと一致することをテストします。

ノート: 
  • Facebook、Messenger、Twitter、LINE、WhatsAppなどのサードパーティメッセージングプラットフォームの場合、Genesys Cloudは、サポートされているコンテンツプロファイルで構成するサポートされているファイルタイプをさらに制限できます。 使用する各メッセージングプラットフォームで、インバウンドとアウトバウンドの両方でサポートするすべてのタイプのファイルをテストします。 サポートされているファイル名拡張子の例は次のとおりです。
    • aac、3g2、3gp、7z、aac、amr、avi、bmp、csv、doc、docx、eml、gif、heic、ics、jfif、jpeg、jpg、key、log、m4a、m4v、mov、mp3、mp4、 mp4a、mpeg、mpg、mpga、neon、numbers、odt、oga、ogg、ogv、pages、pdf、png、pps、ppsx、ppt、pptx、qt、svg、tif、tiff、txt、vcf、wav、webm、 webp、wmv、xls、xlsx、xml、yml、yaml、webp、zip
  • 一部のサードパーティメッセージングプラットフォームは、画像などのファイルをあるメディアタイプから別のメディアタイプに変換できます。 たとえば、サードパーティのメッセージングプラットフォームは、大きなアニメーションの.gifファイルを.mp4ビデオファイルに変換したり、.pngを.jpgに変換して、ファイルサイズを小さくしたりします。 サードパーティのメッセージプラットフォームは、ファイルを送信するクライアントに応じて、Webアプリとモバイルアプリなどのファイルを変換することもできます。送受信するファイルの種類について、サードパーティのメッセージプラットフォームがファイルの種類をどのように処理するかをテストし、それに応じてサポートされているメディアの種類を調整します。 .gif、.jpg、.png、.mp4などのサードパーティプラットフォームで関連するタイプを一緒にサポートすることを検討してください。