音声認識の概要


Architectの音声認識機能を使用すると、電話のキーパッドを使用してIVRをナビゲートするのではなく、発信者に必要なオプションを口頭で選択する機能を提供するため、任意のフローに関連する単語やフレーズを指定できます。Architect でフローを構成するとき、メニューを入力する発信者に対して再生する次のオプションの 1 つを定義できます:

  • スケジュールまたはメニュー項目を選択するために発信者が押す数字キーを指定します
  • 発呼者の言語選択を解釈するための音声認識用語の設定
  • 数字と口頭の両方のオプションを提供し、発信者にキーパッドを使用するか、口頭でどのメニューにアクセスしたいかを選択させる

詳細については、クリックして次の音声認識セクションを展開してください。


Architect がランタイム データの自動再生、音声認識、およびテキストからスピーチへの変換をサポートする言語については、以下を参照してください。 Genesys Cloud対応言語.



音声認識の用語に加えて、音声エンジンが発信者の選択を決定できない、カスタム属性を管理できない、および設定と変更に関するメモを記録できない場合、発信者に再生される最低信頼レベルやタイムアウトなどのパラメータを定義できます。適切な権限がある場合、任意のメニューでこれらのデフォルト設定を上書きできます。構成の設定は、上書きされない限り、すべてメニュー レベルにまで及びます。

すべてのフローに対して、発信者が転送先の場所を口頭で示すために使用するキーワードとフレーズを入力できます。言語リストから希望の言語を選択し、複数の語句を入力できます。これは、同じ宛先に発信者が異なる語句を使用した場合に特に有効です。例えば、顧客サポート部門への転送を希望する発信者は、「顧客サービス」、「カスタマーサポート」、「サポート」、「製品アシスタンス」などの語句を使用する可能性があります。


上書きされない限り、すべての設定はその下のサブメニューにトリクルダウンします。フローのサポート対象言語で音声認識条件を追加したり、リストとの間で条件を追加、編集、削除したりすることができます。管理者から適切な権限が許可されている場合、スケジュールまたはメニューのレベルで音声認識のデフォルト設定を上書きできます。たとえば、次のことができます。

  • 最低限の信頼レベル、または成功した一致を達成するためにフレーズが受け取る必要のある最高得点を調整します。
  • 発信者が有効な音声入力を提供し、システムが肯定的な一致を示す前に通話を停止した後に待機する最大時間を設定します。
  • 発信者が会話を停止した後、言語の選択が無効になってからシステムで一致が見つからないことが示されるまでの待機時間を選択します。
  • システムがタイムアウトになり、発信者に選択を促すか通話を切断するまでに、発信者に口頭での選択を行わせるために割り当てる時間を指定します。

会社のディレクトリ 音声認識設定では、会社ディレクトリをフロー全体に対して、または単に開始メニューまたはタスクに対してのみ有効にします。このオプションはデフォルトで有効になっており、転送元の人または部署の名前を発信者に要求するようにシステムに指示します。発信者のこのオプションを含めるようにメイングリーティングプロンプトも変更する必要があります。メインメ ニューの [最初の挨拶] 領域でプロンプトを再録音できます。プロンプトが専門的に録音されている場合は、録音会社から最新の録音を入手してアップロードします。

音声認識を操作する

音声認識タスクに馴染んでいただくために、以下のページをご覧ください:

冠詞 説明

音声認識設定の指定

設定の音声認識動作のデフォルト設定を指定します。

デフォルトの音声認識設定の上書き

適切な権限がある場合は、メニューアクションで、コールフローの[設定]領域で定義されているデフォルトの音声認識設定を上書きできます。

音声認識用語を入力

発信者が転送先の場所を口頭で示すために使用するキーワードとフレーズを入力します。

メニューの選択肢に DTMF と音声認識の設定

メニューの選択にアクションが追加されると、Architect は DTMF および音声認識など、排他的メニュー設定を提供し、当処理がタスク シーケンスで使用されるときは使用不可となります。