音声認識用語を入力


でコール フローのメニューには、キーワードを入力して、発信者が口頭で指示するために使用することがありますフレーズできる場所 、それらが転送したいです。この機能は、発信者が同じ宛先に対して異なる用語を使用する場合に特に役立ちます。たとえば、カスタマーサービス部門に連絡したい発信者は、「カスタマーサービス」、「カスタマーサポート」、「サポート」、「製品サポート」、「ヘルプ」などと言う場合があります。また、音声音声認識エンジンが現在のフロー内の任意の場所で口頭のリクエストに一致した場合、すぐに現在のメニューに発信者を送信するようにシステムに指示することができます。

  1. Architectホームページで、をクリックするか、 流れ メニューを開き、希望のフロータイプを選択します。
  2. 開きたいフローをクリックします。フローの設定ページが開きます。
  3. 音声認識を構成するメニューを選択します。
  4. の中に 音声認識 ボックスに、含める単語またはフレーズ全体を入力します。
  5. 押す 入る または 戻る 単語またはフレーズをアクションの用語リストに追加します。
  6. 音声認識すべての音声認識用語について、この手順を繰り返します。
  7. フローに定義されている他の言語の単語またはフレーズを入力するには、 すべての言語を表示 リンク。
    注意:このリンクをクリックすると、 Architectはフローで定義されている各言語の音声認識ボックスを表示します。展開されたリストは、クリックするまでフローの各メニューアクションに表示されます 言語を隠す リンク。
  8. 音声音声認識エンジンがフロー内の任意の場所で口頭のリクエストに一致した場合、すぐに発信者を現在のメニュー操作に送信するには、 音声認識用語は、任意のメニューからこのメニュー選択に移動します チェックボックス。