この参考資料には、Genesys Cloud VoiceのWebRTC電話の特定のサービスへのアクセスに必要なポートが記載されています。 ファイアウォールで構成する必要のあるその他のポートとサービスの詳細については、以下を参照してください。 ファイアウォールのポートとサービスについて

サービス トランスポート/ポート(アプリケーション) 宛先 説明
WebRTC シグナリング tcp / 443(HTTPS) Genesys Cloud、Amazon AWS VoIPシグナリング用の安全な接続(インバウンドコールとアウトバウンドコールのダイヤル、呼び出し音など)。

udp / 3478(STUN)

Genesys Cloud Edgeデバイス、Genesys Cloud、Amazon AWS

これらのポートはクライアントとEdgeの両方に対して開く必要があります。 これらはsrflxとリレーの候補に使用されます。 それらがクローズされている場合、コールは失敗率が高いでしょう。

udp/19302(STUN)†

Google*

WebRTCメディア udp / 16384-32768(SRTP / TURN) Genesys Cloud Edgeデバイス、Genesys Cloud、Amazon AWS 保護されたストリーミングメディア(オーディオ)の送信。

†オプション

* サードパーティサービス; Genesys Cloudによってホストされていません。

更新日
(年-月-日)
リビジョン
2022-01-06

[宛先]列で、Genesys Cloud EdgeDevicesの名前をGenesysCloud MediaTierに変更しました。 詳細については、を参照してください。 エッジ用語のリセット。 

2020-12-14

大きな ファイアウォールのポートとサービス 小さな記事にすることができます。 この記事は、Genesys Cloud Voice の WebRTC 電話のポートとサービスを対象に作成されています。