部門のメンバーシップに基づいて個人へのアクセスを管理する

前提条件 
  • ディレクトリ >> ユーザー >> 分割図 任意のユーザーロールに割り当てられた権限

権限を使用して、ユーザーがアクセスできる個人またはキューをきめ細かく制御できます。 部門のメンバーシップに基づいて、ユーザーまたはキューに代わって転送、電話会議、または電話をかける機能を制御できます。

さまざまな部門のエージェントを管理する権限があることを確認してください

メンバーをキューに追加する前に、それらのメンバーが属する部門を表示するためのアクセス権が必要です。 表示する権限がある部門内でのみ検索できます。 適切なアクセスを取得した後、エージェントの追加、表示、検索、更新、削除など、キュー内のメンバーを分割ごとに管理できます。 このアクセスは、ACDのスキルと言語にも適用されます。

この制約により、データは部門ごとに適切に分離され、相互作用はビジネスユニット内またはビジネスユニット間で適切なエージェントにルーティングされ、情報は正確にセグメント化されて報告されます。

代理店の異動を所属部署内に限定する

また、権限を使用して、ユーザーが転送、電話会議、またはユーザーに代わって電話をかけたり、部門外のキューに入れたりできるかどうかを判断することもできます。 たとえば、小売部門のエージェントまたはスーパーバイザーが電話をかけたり、インタラクションを転送したり、サービス部門の個人に電話会議を作成したりするのを防ぐことができます。 

ユーザーが所属する部門内でのみ検索および転送するユーザーの機能を制限するには、 NS会話>コミュニケーション>ターゲット ユーザーロールへのアクセス許可。