安全なフローセッションを開始する


安全なフローにより、発信者は機密情報を安全かつ機密に入力できます。 それらは自動化されたものを通して音声経路と機密データの捕獲を隠します IVR コールフロー安全なフローはで設定されます スクリプト それは安全な流れが開始されるのを可能にするためにいくつもの方法で設計することができます。

注意: 表示されるスクリプトは、スクリプトデザイナーによる設定方法によって異なります。スクリプトについて質問がある場合は、上司に相談してください。詳細については、 スクリプトを使用する

安全なフローにコールを転送するには

  1. エージェントとしてログインして キュー中に行く
     インタラクションパネル 開きます。着信通話は[アクティブなインタラクション]リストに表示されます。
  2. 通話を開始するには、をクリックします 応答
    [インタラクションの詳細]で、セキュアフローオプションを指定した呼び出しには、スクリプトで設定されている1つまたは複数のフィールドと、セキュアフローへの転送を開始するアクションが表示されます。
  3. スクリプトに必要な情報を入力して、安全なフローを開始するためのアクションを実行します。
    以下の例では、スクリプトに安全なフローを開始するためのボタンが設定されています。
    PureCloudは、セキュアフローへの転送が成功したことを知らせるメッセージを表示し、セキュアフローの期間中バナーが表示されます。
    スクリプトは、転送時に通話を切断するか、発信者が機密データの入力を完了したときに通話をエージェントに返すように設定できます。
    スクリプトがエージェントにコールを返すように設定されている場合、PureCloudはセキュアフローが完了したことを示すメッセージを表示します。

    注意: 安全なフローの間、エージェントは沈黙を聞きます。
  4. 他の通話と同じように通話を完了します。