前提条件

  • Genesys Cloud CX 3、または最低1つのGenesys Cloud CX 2 WEMアドオンIまたはGenesys Cloud CX 1 WEMアドオンII

AudioHook Monitor を使用して、会話の音声をサードパーティのサービスにストリーミングし、その音声を音声バイオメトリクス、転写、録音、エージェント・アシスト のために処理します。 この機能は、セキュアフロー中にセキュアポーズを実行することで、PCI DSSのコンプライアンスに準拠します。 ただし、セキュアフロー中にオーディオを流すようなPCIユースケースには使用できません。 ベストプラクティスでは、アーキテクトのセキュアフローなど、PCI関連のインタラクション中にAudioHook Monitorを使用して音声を処理しないことを推奨しています。 詳細については、 PCI DSSコンプライアンス。 詳細については、 PCI DSSコンプライアンス

  • Genesys charges for each active portion of the AudioHook Monitor session. You can only stream to a maximum of two AudioHook Monitor integrations per organization. For example, you might use an integration for voice biometrics, and another for transcription. However, there is no limit to the number of streaming sessions.
  • Genesysは、ストリーミング開始時にAudioHook Monitorセッションの課金を行い、ストリーミング終了時に課金を停止します。
  • Genesysは、音声転写中の一時停止、AudioHookサーバーからのお客様主導の一時停止、サーバーが無効になっている場合など、ストリーミングセッション中の一時停止中はお客様に請求しません。
  • Genesysは、AudioHook Monitorが動作した分単位で会話に課金します。
  • Genesysは実際の使用量を追跡し、月末に最も近い分に丸めます。
  • ボリューム階層が利用可能です。 詳細については、カスタマーサクセスマネージャーまたは営業担当者にお問い合わせください。

AudioHookモニター1分あたりの価格

米ドル CAD AUD NZD 英ポンド ユーロ BRL 日本円 ZAR
0.005 0.0055 0.0065 0.0070 0.00352 0.0040 0.015 0.60 0.071
日付 リビジョン
2023年2月22日 現在の命名規則に従ってライセンス名を更新(リビジョン履歴を除く
2022年11月5日 課金セッション情報を更新しました。
2022年10月4日 ライセンスの前提条件を更新しました。
2022年4月12日 記事が作成されました。