AudioHook Monitorを使用して、会話の音声をサードパーティのサービスにストリーミングし、その音声を音声バイオメトリクス、トランスクリプション、レコーディング、エージェントアシストのために処理することができます。 この機能は、セキュアフロー中にセキュアポーズを実行することで、PCI DSSのコンプライアンスに準拠します。 ただし、セキュアフロー中にオーディオを流すようなPCIユースケースには使用できません。 ベストプラクティスでは、アーキテクトのセキュアフローなど、PCI関連のインタラクション中にAudioHook Monitorを使用して音声を処理しないことを推奨しています。 詳細については、 PCI DSSコンプライアンス

概要

AudioHook Monitor を使用すると、会話の音声をサードパーティ ベンダーにストリーミングできます。 


AudioHook Monitorのインストール、設定、有効化

AudioHook Monitor は Genesys AppFoundry から入手可能です。 まず、AudioHook Monitorをインストールします。 次に、AudioHook Monitorの設定と起動を行います。


インタラクションフローでAudioHookモニターを利用する

アーキテクトのコールフローでAudioHook Monitorを使用する。 ストリーミングを開始したら、適切なキューを選択するか、Transcriptionアクションを使用します。