Genesys CloudのAudioHook Monitorの設定と有効化

AudioHook Monitor を音声トランスクリプト対応キューまたは Architect のTranscription アクション でアクセスおよび使用するには、最初に Genesys Cloud で AudioHook Monitor を追加および構成していることを確認します。

この説明は、あなたが上級者であることを前提としています。 しかし、問題が発生することが予想される場合、または設定プロセスに精通していない場合は、管理者またはテクニカルサポートチームのメンバーに支援を求めることをベストプラクティスでは推奨しています。

注意: AudioHook Monitorは、Genesys Cloudのプレミアムアプリケーションです。 詳細については、 プレミアムアプリケーションとは何ですか ? そして プレミアムアプリケーションについてをご参照ください。

始める前に

開始する前に、次のタスクを実行します。

  1. 音声トランスクリプションの設定.
  2. Genesys AppFoundryからAudioHook Monitorをインストールする。
  3. 各エンドポイントにAudioHook Monitorのインスタンスを追加します。

AudioHook Monitorの設定を開く

AudioHook Monitor を設定するには、次の手順に従います。

  1. Genesys Cloudで、 管理.
  2. 下 統合クリック 統合.
  3. AudioHook Monitorを選択します。
  4. クリック構成タブ 。

AudioHookモニターの設定

接続URIを追加する際は、wss:// で始まり、https:// ではないことを確認してください。

  1. プロパティ タブをクリックします。
  2. チャネル、内部(エージェント)、外部(顧客)、またはその両方をストリーミングするかどうかを選択します。
    注意: both "の値は、左チャンネルに外部パーティ、右チャンネルに内部パーティのある2チャンネル(ステレオ)ストリームを意味する。"external "と "internal "の値は、1チャンネルストリームを提供する。 明確な理由がない限り、ベストプラクティスでは両方を選択することを推奨しています。 この選択により、AudioHook Monitorに値を選択させることができます。
  3. 下 接続URI、Wを選択しますオーディオをストリーミングするebSocketエンドポイント。

この画像は、AudioHook Monitorの設定プロパティの例を示しています。

画像をクリックして拡大します。

AudioHookモニタープロパティの設定

AudioHook Monitorの認証情報を追加する

  1. クリック 資格情報 タブ。
  2. クリック 構成. [資格情報の構成]ダイアログでは、接続するエンドポイントから取得した値の入力を求められます。
    • APIキー X-API-KEYヘッダーでサービサーに渡されるAPIキー。
    • (オプション) クライアントシークレット: 接続要求に署名し、サーバーがクライアントを認証できるようにするために使用する値。 この資格は、サービスプロバイダーから取得します。
  3.   [OK] をクリックします。
  4.  保存するをクリックします。
  5. を選択 詳細 タブ。
  6. 統合をアクティブ化するには、 非活性. Change Status ダイアログが表示され、AudioHook Monitor を起動することを確認します。
  7. [はい] をクリックします。  

この画像は、Configure Credentials ダイアログのデータの例を示しています。

画像をクリックして拡大します。

AudioHookモニタの認証情報を設定する

数秒後、インストールはサーバーへの接続チェックを開始します。 接続チェックに成功すると、ステータスがActive に変わります。 チェックに失敗した場合は、エラーが表示されます。