チャンネルの動作としきい値を設定する

音声チャンネル

  1. サービスレベル 音声チャネルの割合とターゲットをを入力します。
  2. (オプション)アルファベット、数字、または英数字の組み合わせを使用して、このキューに代わって発信される発信コールの発信者ID表示を設定します。
    1. 発呼側の名前 ボックスに、通話受信者に表示する名前を入力します。
       メモ:   外部SIPトランクを作成し、呼び出し名を指定する場合、その呼び出し名はここで設定した呼び出し元の名前より優先されます。 トランクに呼び出し元パーティー名を設定する場合、キューに設定した呼び出し元パーティー名は表示されません。. 詳細については、 外部SIP トランク作成するをご覧ください。
    2. 発呼側番号 ボックスに、通話受信者に表示する英数字の組み合わせを入力します。
       メモ:   Genesys Cloudは、ここで入力した番号が E.164 数字形式. 国はデフォルトで組織の選択した言語になります。
  3. 警告タイムアウト フィールドに、タイムアウトするまでにアラートを表示する秒数を入力します。
     メモ:   最大アラート時間は900秒です。 アラートタイムアウトになると、エージェントのステータス応答なし]に変わり、システムは呼び出しをキューに返します。
  4. (オプション) キュー内フロー areaで、キューに対して規格 or 標準動作として設定するために、前に定義したArchitectのキュー内フローを選択します。
     メモ:   キュー内フローを選択しない場合、システムは組織のデフォルトのキュー内フローを使用します。 ただし、Architect内では、ACDへの転送アクションのパラメーターとしてキュー内フローを構成できます。 ここで行う選択は、組織のデフォルト フローおよびキュー構成のフローに優先します。 この場合はACDへの転送アクションのキュー内フローが、ここで選択したフローよりも優先されます。  

    1. (オプション) の デフォルト スクリプト エリア、 選択する 公開されたスクリプト に 表示 いついいえデフォルト スクリプトが表示されます に アプリケーション、fまたは 例:Architect または キャンペーン
    2. (オプション) ウィスパーオーディオ areaには、発信者に接続する前に、発信者がどのキューに入ったかをエージェントに知らせるオプションを設定します。
      1. すべてのエージェントに対してささやき声を再生するには、 すべてのエージェントに対してささやき声を再生します。
      2. 管理者が自動応答を有効にしているエージェントに対してのみウィスパーオーディオを再生するには、[ エージェントが自動応答用に設定されている場合にのみ、ウィスパーオーディオを再生します。 エージェントの自動応答を有効にする方法の詳細については、個人の編集ページの[電話]タブを参照してください。
      3. ウィスパープロンプトの検索を使用して、ささやく音声に使用するArchitectユーザープロンプトを見つけます。 設定された各言語または設定された音声合成 ( TTS )ごとに、プロンプトの長さが秒単位で表示されます。
         メモ:   ベスト プラクティスでは、ウィスパー オーディオ プロンプトをできるだけ短い時間に制限することをお勧めします。 ダイヤルしたパーティーとエージェント間の双方向通信は、ウィスパーの音声が再生されるまで開始されません。
      4. 選択したプロンプトを開くには、プロンプトの編集/表示をクリックします。。 Architectは[ユーザープロンプト]ページを開き、ここでプロンプトを表示および編集できます。例えば、音声ガイダンスを再録音するか、音声合成 ( TTS )を追加します。
      5. プロンプトを編集することを選択した場合は、それに関する更新情報を確認するためにプロンプトを更新をクリックします。
    3. (オプション)有効にする 音声文字起こし.
       メモ:   キューの音声文字変換を使用するには、管理者が組織の音声文字変換を有効にする必要があります。 詳細については、音声およびテキスト分析設定の「音声転写を有効にする」セクションを参照してください。
    4.  保存するをクリックします。

    チャットとメッセージチャンネル

    1. サービスレベル チャットチャネルの割合とターゲットをを入力します。
    2. 警告タイムアウト フィールドに、タイムアウトするまでにアラートを表示する秒数を入力します。 
       メモ:   アラートがタイムアウトすると、エージェントのステータスが「応答なし」の状態に変わります。
    3. に の デフォルト スクリプト エリア、 任意で選択する 公開されたスクリプト に負荷。
    4. 送信メッセージチャネルのみ: の 送信 SMS 番号領域、メッセージチャネルに割り当てる適切な SMS 番号を選択します。
       メモ:   割り当てた SMS 番号がメッセージルーティングのフローに関連付けられていない場合、システムは受信応答をルーティングしません。 詳細については、 メッセージルーティングの概要をご覧ください。
    5. 保存するをクリックします。

    コールバックチャネル

    1. 入力します サービスレベル の割合と目標 エージェント所有のコールバック チャネル。 
    2. 警告タイムアウト フィールドに、タイムアウトするまでにアラートを表示する秒数を入力します。 

       メモ:   アラートがタイムアウトすると、エージェントのステータスが「応答なし」の状態に変わります。

    3. (オプション)設定 エージェントが所有権を取得できるようにするオン
    4. エージェントがコールバックの所有権を取得できるようにする場合は、次の手順を実行します。

      1. エージェントは、次のスケジュールされたコールバックを所有できます、上矢印と下矢印を使用して、所有期間が続く期間を定義します。 最小時間は1時間です。最大は7日です。
        注意: エージェントがコールバックの所有権を取得すると、コールバックは、で設定された時間、エージェントが使用可能になるのを待ちます。 エージェントは、次のスケジュールされたコールバックを所有できます。 エージェントがコールバックを所有していない場合、スケジュールされた時間にスケジューリングエージェントが利用できない場合は、次に利用可能なエージェントに自動的にルーティングされます。 エージェント所有のコールバックを有効にするには、少なくとも1つ必要です。 優先エージェントルーティング キューに設定されたルール。
      2. エージェントは、事前にコールバックをスケジュールできます。、上矢印と下矢印を使用して、エージェントが所有するコールバックをどれだけ前もってスケジュールできるかを定義します。 最小時間は1時間です。最大は30日です。

        注意: この設定は、どれだけ前に影響を与えることはありません 非所有 コールバックをスケジュールできます。 その値は30日間残り、変更できません。

    5. 保存するをクリックします。

          メールチャンネル

          1. サービスレベル Eメールチャネルの割合とターゲットをを入力します。
          2. 警告タイムアウト フィールドに、タイムアウトするまでにアラートを表示する秒数を入力します。 
             メモ:   アラートがタイムアウトすると、エージェントのステータスが「応答なし」の状態に変わります。
          3. 送信メールアドレスこのキューから送信されるEメールに使用するEメールアドレスを指定します。 
            1. 編集ボタンをクリックしてください。 [送信Eメールアドレスの編集]ダイアログボックスが開きます。
            2. メールドメインのEメールアドレスの送信元となる適切なドメインを選択します。
            3. 送信メールアドレスの送信メールを受信したときに受信者に表示される適切なメールアドレスを選択します。 
            4. (オプション)デフォルトスクリプト エリアで、公開されたスクリプトを選択してチャットのやり取り用を表示します。
            5.  保存するをクリックします。