優先発信者選択機能を使用して、発信者ID情報を設定します

優先発信者選択機能を使用すると、着信者に表示する発信者ID情報を設定できます。 この機能により、以前のオーバーライド方式システムよりも、発信者ID情報として表示するものを選択する方法をより適切に制御できます。 

 メモ:   キャリアが発信者ID /発信者名を表示するために独自のポリシーを課している場合、キャリアのポリシーは、優先発信者選択機能を使用して指定した構成を上書きすることに注意してください。

以前のオーバーライドメソッドシステム 

優先発信者の選択は、トランクページで発信者ID情報を指定するための以前のシステムに置き換わるものです。 以前のシステムでは、2つの設定がありました。 アドレスオーバーライドメソッドと名前オーバーライドメソッド。 これらの各設定には、ドロップダウンに2つの値があります。 割り当てられていないDIDとAlways。

以前のシステムの設定は、新しい優先発信者選択システムの同等の設定に自動的に移行されました。

アドレスオーバーライドメソッドまたは名前オーバーライドメソッドのいずれかで[常に]が選択されている場合、選択の順序は次のようになります。

  • このトランク
  • コール ソース (キュー / キャンペーン / ユーザー DID)

アドレスオーバーライドメソッドまたは名前オーバーライドメソッドのいずれかで未割り当てのDIDが選択された場合、選択の順序は次のようになります。

  • コール ソース (キュー / キャンペーン / ユーザー DID)
  • このトランク

発信者IDソース

Genesys Cloudには、発信者ID情報を含めることができるいくつかの構成ページがあります。 次のページの[発信者ID]ボックスと[発信者名]ボックスに入力して、発信者ID情報を指定できます。

  • トランク
  • サイト
  • キュー
  • キャンペーン

発信者ID情報は、ユーザープロファイルから取得することもできます。 この場合、発信者IDはユーザープロファイルのメインの勤務先電話番号になり、発信者名はユーザー名になります。

メモ: 
  • On the Site configuration page, you’ll now find a Caller Name box under the Outbound Calling section. For more information, see the appropriate Create a site article on the About sites page.
  • For more information on configuring caller ID in a Queue, see the Edit queue behaviors and thresholds for voice channels section in Edit or delete queues.
  • For more information on configuring caller ID in an outbound dialing campaign, see Create a new campaign.

ソースを構成する

発信者ID情報が着信者にどのように表示されるかを制御するために、[トランク]ページの[発信者]セクションにある[優先発信者の選択]機能を使用できます。

優先発信者選択では、発信者ID情報を取得できる4つの場所が提供されます。 次に、その発信者ID情報を取得する順序を指定できます。

優先発信者選択機能が発信者ID情報を取得できる4つの場所は次のとおりです。

ロケーション      説明
このトランク トランクページで指定された発信者IDと発信者名の値を使用します
コール ソース (キュー / キャンペーン / ユーザー DID) 発信元からの発信者IDと発信者名の値を使用します。
  • 発信元がキャンペーンの場合は、[キャンペーン]ページの発信者IDと発信者名の値を使用します。
  • 発信元がキューの場合は、[キュー]ページの発信者IDと発信者名の値を使用します。
  • 発信元がユーザーDIDの場合は、ユーザープロファイルの電話番号と名前を発信者ID情報として使用します。
サイト [サイト]ページで指定されている発信者IDと発信者名の値を使用します。
ユーザーの内線番号

発信者ID情報として、ユーザープロファイルの内線番号と名前を使用します。

  • User Extensionが優先発信者選択リストの一番上にある場合、GenesysCloudは常にユーザー名を送信します。
    • ユーザーが内線番号を持っているかどうかに関係なく。
    • [ユーザー名の抑制]の選択に関係なく。

使用したい4つの場所をいくつでも追加してから、それらの順序を設定できます。 Genesys Cloudは、場所、順序、および場所の発信者IDと発信者名の値の可用性を使用して、通話の受信者に表示する発信者ID情報を正確に決定します。

 メモ:   発信者ID情報の作成に使用する4つの場所をいくつでも追加できますが、1つの要件があります。 このトランクの場所は、[優先発信者の選択]リストに表示されている必要があります。削除することはできません。 

トランク、サイト、キュー、およびキャンペーンの[発信者ID]ボックスと[発信者名]ボックスに入力できますが、これらは必須ではありません。 1つまたは両方を入力できます。 必要に応じて、空白のままにすることもできます。 選択した場所、入力するボックス、および設定した順序により、カスタムの発信者IDと発信者名の表示を設計できます。

たとえば、このトランクをリストの一番上に配置し、発信者IDと発信者名の両方の値がある場合、それらの値が使用されます。 このトランクをリストの一番上に配置し、発信者名の値のみを入力すると、GenesysCloudは発信者IDの値が見つかるまでリストを下に移動します。 サイトがリストの次であり、発信者ID値がある場合、GenesysCloudはその値を使用します。 したがって、発信者情報は、このトランクの発信者名の値とサイトの発信者IDの値で構成されます。

ユーザー名を抑制します

[ユーザーDID]オプションと[ユーザー内線番号]オプションには、常に発信者名(ユーザー名)と発信者ID(電話番号または内線番号)の両方の値があります。 

場所として[コールソース(キュー/キャンペーン/ユーザーDID)]を選択し、ユーザーDIDがコールソースである場合、または場所として[ユーザー内線番号]を選択した場合、ユーザー名の表示をさらに制御する必要がある場合があります。 このような状況では、[ユーザー名の抑制]リストのオプションの1つを使用できます。

 オプション    説明
常時 常にユーザー名を抑制してください。
ユーザーDIDが利用できない場合 ユーザー番号が利用できないが、ユーザー名は利用できる場合は、そのユーザー名を発信者IDとして使用しないでください。
ユーザーDIDが利用可能な場合 ユーザー番号とユーザー名の両方が使用可能な場合は、ユーザー名を発信者IDとして使用しないでください。
実行しない ユーザー名を抑制しないでください。

新しいトランクの作成

外部SIPトランクまたはBYOCクラウドトランクのいずれかで新しいトランクを作成する場合、優先発信者選択設定のデフォルトの場所は次のとおりです。

  • このトランク
  • コール ソース (キュー / キャンペーン / ユーザー DID)

発信者IDを設定する

  1. 管理をクリックします。
  2. 下 テレフォニークリック トランク。
  3. クリック 外部トランク タブ 。
  4. 発信者ID情報を設定するトランクを選択します。
  5. 呼び出し セクション、を使用して 優先発信者の選択 リストを使用して、発信者ID情報の作成に使用する場所を選択して優先順位を付けます。
  6. 場所としてコールソース(キュー/キャンペーン/ユーザーDID)を選択した場合は、 ユーザー名の抑制 リストを使用して、ユーザー名情報の表示をどのように処理するかを構成します。
  7. クリック 外部トランクを保存します。