作成トランク BYOC前提の下で


PureCloudでは、この記事で説明されているデフォルト設定に依存することをお勧めします。ただし、BYOC Premises構成用の基本的な外部SIP トランクトランクを作成した後、キャリアのSIP要件に基づいて、より詳細な制御が必要であることがわかります。 高度な外部トランク設定を構成する

Create / Edit External Trunkページの設定の詳細については、 外部トランク設定を参照してください。


  1. クリック 管理者。
  2. テレフォニーの下で、クリックします トランクス
  3. クリック 外部トランク タブ 。
  4. クリック 新しく作る
  5. に 外部トランク名、 トランク名を入力します。
  6. から タイプ リスト、選択 外部 SIP。(必要でない場合 タイプ フィールドは表示されません。)
  7. この外部トランク管理者を指定するには、次のいずれかを選択します によって管理されます オプション。
  8. を確認します トランク状態 スイッチは 稼働中
  9. を選択 プロトコル そして リッスンポート SIPプロバイダーから提供されます。
  10. アウトバウンド - SIPサーバーまたはプロキシに、SIPサーバーまたは中間プロキシのIPアドレスを入力します ホスト名またはIPアドレス フィールド。
    注意: トランクは自動的にデフォルトの受信リスンポートを使用します。別のポートを使用する場合は、その番号を 港 ボックス
  11. クリック Plus 。
    注意: 追加されたIPアドレス SIPサーバーまたはプロキシ このセクションは、SIP アクセス制御許可リストに自動的に表示されます。
  12. 去る ダイジェスト認証 に設定 無効
  13. 呼び出し中、発信者IDの表示方法を設定します。
  • の中に 住所 ボックスに、発信コールの発信者IDとして表示する番号を入力します。 (プラス記号(+)と国コードを含むE.164形式を使用します。)
  • を選択 アドレス上書き方法
    • 常に:発信者IDには常にこの番号を使用してください。
    • 未割り当てのDID:ユーザーの電話にDID番号が割り当てられていない場合にのみ、この番号を発信者IDに使用します。
  • の中に 名前 ボックスに、アウトバウンドコールの発信者IDに表示する名前を入力します。
  • を選択 名前オーバーライドメソッド
    • 常に:発信者IDには常にこの名前を使用してください。
    • 未割り当てのDID:ユーザーの電話に名前が割り当てられていない場合にのみこの名前を使用してください。

注意:発信者名を指定する場合、キューの発信者名設定よりも優先されることに注意する必要があります。つまり、発信者名がトランクに設定されている場合、キューに設定した発信者名は表示されません。詳細については、 キューを作成して構成する

  1. 出て 可用性 に設定されたスイッチ 無効
  2. 出て 登録 に設定されたスイッチ 無効
  3. SIPアクセス制御:
    • を確認します 送信元アドレスを使用 スイッチは はい
    • SIPサーバーまたはプロキシに追加されたIPアドレスを確認します セクションは 次のアドレスを許可 リスト。
    • 出て 次のアドレスを常に拒否する ブランク。
    • 出て すべて許可 チェックボックスがオフになっています。
  4. クリック 外部トランクを保存