セキュアコールフロー中に切断されたエージェントのトラブルシューティング


問題

エージェントは予想外に 発信者をセキュアコールフローに転送すると切断されますが、予想される動作は、セキュアフローを完了した後で発信者と再接続することです。

原因…

Architectでは、フローがエージェントによって開始された場合、セキュアフローは エージェントに戻る アクション。PureCloudスクリプトでは、 セキュアフローを呼び出す どちらかへのスクリプトアクション 進行中のエージェントとスクリプトにカスタマーを返すか、コールがセキュアフローに渡されたときにエージェントスクリプトセッションを終了できます。

溶液

スクリプティング構成を確認して確認します 安全なフローを呼び出す スクリプトアクションが正しく返すように設定されたコール フロー安全なセッションの完了時にエージェントに。