フローアウトカムの初期化アクション

このアクションを使用して、 Architectがフローの追跡を開始するフロー結果を選択します。 このアクションは、 タスクエディターの呼び出し用ツールボックスのフローカテゴリで使用できます。 チャット、メール、メッセージング キュー内のコールフローを除くフロー。 インタラクションがこのアクションに遭遇すると、Architectは結果の開始日時を作成します。 

重要。   このアクションを使用する前に、Genesys Cloud Adminメニューでフロー結果を作成してください。 詳細については、 フロー結果を追加

管理者とコンタクトセンターの管理者は、フロー結果を使用してセルフサービスの成功に関するデータを収集します。 この情報は、Architectフローが顧客との対話にどの程度役立つかを判断するのに役立ちます。

  • セルフサービス操作を開始したインタラクションの総数。
  • セルフサービス操作に失敗したインタラクションの数と割合。
  • セルフサービス操作を正常に完了したインタラクションの数と割合。
  • 成功したインタラクションがセルフサービス操作に費やす時間の長さ。

Architectでは、フローでこのアクションの複数のインスタンスを作成できます。 たとえば、 ユーザーはフローをナビゲートして未払いの請求書のステータスを確認し、残高確認の結果を検出します。 次に、 ユーザーはフローをナビゲートして支払いを行い、支払い請求の結果に遭遇します。 したがって、結果の総数が、1回の対話で処理される会話の数を超える可能性があります。

フローの結果とフローのマイルストーンの制限

組織には、最大100件のフロー結果を含めることができます。 名前と説明を編集したり、フローマイルストーンを削除したりできます。 組織には、最大100件のフロー結果を含めることができます。 フロー結果の名前と説明は編集できますが、削除することはできません。 これらの制限のため、ベストプラクティスでは、作成する前にフロー結果の使用を慎重に検討することをお勧めします。

アーキテクトフローでは、結果ごとの最後の25マイルストーンとフローごとの最後の100マイルストーンのみが分析で報告されます。

結果が元々成功していたとしても、インタラクションが同じ結果に再び遭遇すると、結果の結果はリセットされます。 システムは結果の最後の結果のみを追跡して表示します。

対話が成功した結果に遭遇せずに終了した場合、システムは結果が開始されたが不完全であると見なします。 不完全な結果は自動的に失敗の結果になります。

名前    説明
名前フィールド アクションの識別名を入力するか、デフォルトのテキストのままにします。 フロー結果を初期化する。 ここに入力したラベルは、呼び出しに表示されるアクションの名前になります。 チャット、メール、メッセージング フロー構造。
フロー アウトカム

リストをクリックして、結果を選択します。 Architectはフローを追跡し始めます。