レスポンスを取得する


定義済みを選択できます 応答 Canned Responsesライブラリーから、それをインバウンドEメールまたはメッセージ・フローに追加します。定型回答にはHTMLのコンテンツが含まれます。

この機能を 自動返信アクションを送信 自動返信をカスタマーに送信する。たとえば、自分の問題に取り組んでいることをカスタマーに知らせたり、規格 または 標準返品ポリシーを提供したりするために使用します。

ノート
  • カスタム置換の値を追加できます。詳細については、 代替の概要
  • 回答の作成と管理の詳細については、以下を参照してください。 回答の回答について
名前 説明
名前フィールド

応答を取得アクションの識別名を入力します。ここに入力するラベルはフロー構造に表示されるアクションの名前になります。

ライブラリ 追加したい回答を含む定型回答のコレクション。
応答 フローに追加したい定義済みメッセージ。
出力応答の本文 応答データの保存に使用される変数の名前を入力し、フロー内の他の場所で使用できるようにします。
成功と失敗のパス

Successパスは、Get Responseアクションがエラーなしで処理されたことを示します。をドラッグ 自動返信を送信する 成功パスの下にあるアクションを実行して設定を構成します。

Failureパスは、アクションの実行中にエラーが発生したこと、または結果の処理中に問題が発生したことを示します。アクションを失敗パスの下にドラッグして、応答の取得アクションが失敗したときにシステムをどのように進めるかを決定します。