発信ダイヤル規則で使用される操作のガイドライン

データをアウトバウンドダイヤルルールに返すデータアクションの成功スキーマを定義するときには、特別な考慮事項が適用されます。

ネスト出力プロパティ

出力連絡先(成功スキーマ)を作成するときには、必要に応じてプロパティをネストすることが不可欠です。 からの出力フィールド /実行 これは複雑なオブジェクトであり、スキーマ内の対応するプロパティはネスト化されたスキーマである必要があり、「フラット化された」出力を想定する文字列ではありません。 アウトバウンドはすでに使用しています ?flatten = true 出力を平坦化する。

ネストしていないプロパティの例

{{
 "$ schema": “ http ://json-schema.org/draft-04/schema#” "物体"、
 "プロパティ": {{
    "data.myデータフィールド": {{
 "タイプ": "ストリング"、
 }
  }
 }

上記の例では、データアクションの成功スキーマに「data.myデータフィールド」を指定しています。 結果のアクションは、発信ダイヤルデータアクションルールで使用されている場合は機能しません。 アウトバウンドはこのフィールドを見つけることができません。 / actions / {actionId} / execute 応答。 結果として通話をスキップします ININ-OUTBOUND-RULE-ERROR-SKIPPED

この問題を回避するには、 &quot ;my data field&quot ;を &quot ;data&quot ;フィールドのネストしたプロパティにします。

正しくネストした例

{{
 "$ schema": “ http ://json-schema.org/draft-04/schema#” "物体"、
 "プロパティ": {{     "データ": {{
 "タイプ": "物体"、
 "プロパティ": {{
 「私のデータフィールド」: {{
 "タイプ": "ストリング"
 }
      }
 }
 }
 }

一般に、出力スキーマは、/ execute要求から返されることを気にかけているプロパティと同じ構造を持つべきです。

この単純なオブジェクトと、出力スキーマがそれを返す方法を検討してください。

単純なオブジェクト

{{
 「foo」: {{
 "バット": "バー"
 }
 }

単純オブジェクトの出力スキーマ

{{
 "$ schema": “ http ://json-schema.org/draft-04/schema#” "物体"、
 "プロパティ": {{
   「foo」: {{
 "タイプ": "ストリング"
 }
 }
 }

これをOutboundとの互換性を持たせるには、単純オブジェクトの出力スキーマを変更してプロパティをネストします。

正しくネストされた単純オブジェクト

{{
 "$ schema": “ http ://json-schema.org/draft-04/schema#” "物体"、
 "プロパティ": {{     「foo」: {{
 "タイプ": "物体"、
 "プロパティ": {{
 "バット": {{
 "タイプ": "ストリング"
 }
      }
 }
 }
 }

このスキーマは以下を返します。

{{
 「foo」: {{
 "バット": "バー"
 }
 }

必須フィールド

データアクションに必要なフィールドがある場合は、成功スキーマでそれらのフィールドに必須のマークを付けます。

{{
 "$ schema": “ http ://json-schema.org/draft-04/schema#” "物体"、
  "必要": [
 「contact_id」、
 "電話番号"
 ]、
  "プロパティ": {
   ...
    },
 メモ:   1つのキャンペーンで設定できるデータアクションルール条件の最大数は2です。