ルールを使用してデータアクションからの情報を評価する


データアクションのルール条件を使用して、事前に電話やラップアップルールを評価することができ応答からのデータPureCloud公開API、 Salesforce 、Zendesk、またはRESTのAPIエンドポイントを。この手順では、データデータ アクションを実行するルールを設定し、返される情報を評価する方法を説明します。

評価ルールを設定および構成するには、次の手順を実行します。

  1. クリック 管理者
  2. アウトバウンドダイヤリング、クリック ルール管理
  3. [通話ルールセット]タブで、[次へ]をクリックします。 新しく作る
  4. [コールルールセットの作成]ページで、このルールセットの呼び出しルールセット名 ボックスを[名前]ボックスに入力します。
  5. データデータ アクション連絡先データが必要な場合は、から連絡先リストを選択します 連絡先リスト 後でその列を選択できるようにするためのボックス。キューを選択する必要はありません。
  6. クリック ルールの保存と追加
    注意:すでにルールが含まれているセットを更新する場合は、をクリックしてください。 新しい通話ルールを追加 代わりに。
  7. [通話ルールの追加]ページで、名前を 呼び出しルール名 ボックス。
  8. 選択する 事前電話 または 要約 アウトバウンドプレースコールの前、またはコール終了後にルールを評価するかどうかに基づいて、[カテゴリ]ボックスから。
  9. 条件の下で、をクリックします。 タイプ ボックス。選択する データアクション。
  10. 利用可能なデータアクションのリストを表示するには、をクリックします データアクション ボックス。次に、リストからデータデータ アクション選択します。
    個々のカテゴリに対して次のデータデータ アクション条件を入力できます。

    • プレコール:連絡先ID、およびすべての連絡先リストの列
    • ラップアップ: agent ラップアップ 、 コール分析結果、連絡先ID、およびすべての連絡先リストの列

    メモ
    • 既存のデータの操作が適切でない場合は、新しい作成データ アクション 。見る 統合用のカスタムアクションを作成する。作成するには、 データ アクション 、あなたが知っている必要がありますデータ アクションの入力と出力を 契約、 エンドポイント 、およびその他のパラメーター。コントラクトは、データデータ アクション渡されるデータのフォーマット、またはそれによって返されるデータのフォーマットを定義します。エンドポイントはAPI呼び出しのアドレスです。詳細については、 統合についてPureCloudデータアクション統合について、そして 統合のカスタムアクションについて
    • データ操作の効率は重要です。データデータ アクションがAPI呼び出しを行うか、完了するまでに長い時間がかかるデータベースルックアップを実行すると、 アウトバウンド ダイヤリング速度が低下する可能性があります。
    • システムが「データデータ アクションの入力コントラクトのタイプは「オブジェクト」でなければならない」と表示される場合、選択したデータデータ アクションはアウトバウンドと互換性がありません。互換性のある契約はこのスキーマに似ています:
    • 用の入力契約表示するにはデータ アクション 、[管理]メニューからアクションを選択します。データデータ アクションを開くには、その名前を選択します。次に、その入力契約タブを選択します。スキーマ内のデータは、オブジェクトに属する値を定義する必要があります。見る 統合用のカスタムアクションを作成する
  11. 以下のコントロール データアクション入力へのアウトバウンド値のマップ キャンペーンデータをデータキャンペーン入力値と関連付けデータ アクション 。このマッピングは、データデータ アクションれる前にデータデータ アクションに渡す情報をルールに伝えます。
    注意:実行中のデータデータ アクション条件に対して、エージェントラップアップおよびコール分析結果の入力フィールドが未入力のままになることがあります。エージェントラップアップは、エージェントに到達しないコールには表示されません。プレビューコールはコール分析結果を返しません。
    1. 使用 アウトバウンド値 データアクションに渡す情報の項目を選択するためのリスト。アウトバウンド値の選択は、選択した連絡先リストに基づいています。
    2. 使用 データアクション入力 データデータ アクションどの入力値がアウトバウンド値を受け取るかを選択するリスト。たとえば、 キャンペーン電話番号をaデータデータ アクションのCell値にマッピングできます。
      先端: システムが検証警告が表示される場合は、 データ アクション HIPAA /セキュアなデータ対応として設定されていないデータ アクション 。アウトバウンドでデータデータ アクションを使用する前に、データデータ アクション再構成し、セキュリティを確保してください。アクションを再構成するには、をクリックします 管理者。下 統合クリック 行動。データデータ アクション名をクリックし、有効にします HIPAA /セキュアデータ ボックス

      データアクションへの入力は、その契約に基づいています。コントラクトは、関数に渡すデータまたは関数が返すものを定義するJSONスキーマステートメント(誰かがデータデータ アクション作成するときに指定)です。

    3. さらにアウトバウンド値をデータアクション入力にマップするには、 + 最後に設定された行の下データデータ アクションが必要とするすべての入力をマップするまで繰り返します。

      アウトバウンド値とデータアクション入力間のこの関連付けを使用して、自分のルールを渡すデータ アクションが必要とするすべてのデータ。たとえば、データデータ アクションは、連絡先リストの列を使用してCRMから情報を取得できます。

  12. 状況によっては、条件の逆が真である場合にシステムがそのデータデータ アクション実行するように、条件を反転したい場合があります。この反転は、 反転条件 はいに切り替えます。反転された条件は、条件が満たされないときにルールアクションを実行します。
    • 条件が満たされたときにルールアクションを実行するには、設定します 反転条件=いいえ。この設定がデフォルトです。

    • 条件が満たされないときにルールアクションを実行するには、 反転条件=はい

  13. データデータ アクションへの入力を定義したら、次のステップは、データデータ アクションによって返される情報を評価するようにルールを構成することです。使用 出力評価 データデータ アクションの出力コントラクトの戻り値を評価する式を設定するセクション。

    1. から戻り値を選択します。 データアクション出力 ボックス。

    2. から演算子を選択します コンパレータ ボックス。

      通貨評価

      データアクション条件は通貨値を評価できますが、出力結果の小数点以下が2桁以下の場合のみです。

      結果が小数点以下2桁を超える場合、ルールはそれを評価できません。

      勤怠集計

      文字列、ブール、および数値の比較子は直感的です。日付文字列を相対時間または特定の時間と比較できます。どちらのタイプの時間比較器にも、「より前」と「より後」の比較子があります。違いは、過去と未来のどちらで、値が正確なデータと時刻と比較されるか、または現在時刻と比較されるかどうかです。特定の時間値は、次のように設定して設定します。

      しかし、相対時間値は時間オフセットを設定することによって設定されます。

    3. に値を入力します。 ボックス。この値は、選択したコンパレータを使用して、データデータ アクションによって返された値と比較されます。たとえば、郵便番号が5から始まるかどうかを確認できます。

      先端:文字列の比較では大文字と小文字が区別されます。
  14. (オプション)比較演算子を反転するには、有効にします 反転コンパレータ ボックス。たとえば、“ Begins With”コンパレータを反転した場合、値が指定された値で始まっていなければ、評価は真になります。
  15. (オプション)セット データデータ アクション出力フィールドに値がない場合、この評価は 本当です。出力にデータが含まれていない場合、式がTrueまたはFalseを返すかどうかを決定できます。デフォルトはFalseです。
  16. (オプション)別の出力値を評価するには、をクリックします 。手順13〜15を繰り返して、新しい評価条件を構成します。
    注意:条件はAND演算子と結合されるため、ルール全体がTrueと評価されるには、呼び出しがすべてのルール条件を満たす必要があります。
  17. (オプション)データデータ アクションがデータを返さない場合、条件をクリックして条件がTrueまたはFalseを評価するかどうかを制御できます。 データが見つかりません スイッチ。Falseはデフォルトです。これは、データデータ アクションがデータを返さない場合に条件がFalseを返すことを意味します。
  18. 条件が満たされたときに実行するこのルールのデータアクションを構成します。見る ルールアクションを設定する 詳細については。
  19. クリック 保存する。
注意:呼び出しルールのデータデータ アクション実行は20秒後にタイムアウトし、レコードがコードでラップされます。 ININ-OUTBOUND-RULE-ERROR-SKIPPED. ERRORレベルのイベントログもコードとともに送信されます DATA_ACTION_EXECUTION_FAILED.

契約におけるデータ型の制限

管理者が 統合のためのカスタムアクションを作成する、入力コントラクトと出力コントラクトを定義します。送信ルールで使用するデータアクションには、次の制限があります。

  • 入力コントラクトと出力コントラクトの両方で、最上位の型はオブジェクトでなければなりません。入力コントラクトは配列をリモートエンドポイント渡すことはできません。アウトバウンド契約はの配列を消費することはできません応答しない限り、データをデータ アクションの出力契約はオブジェクトに配列を変換するために変換マップを使用しています。
  • 出力コントラクトでは、複雑なオブジェクトまたは配列を許可できますが、アウトバウンドでは、ルール条件でこれらのデータ型を使用できません。ルール条件は、ブール、整数、数値、および文字列のデータ型でのみ動作できます。
  • 場合はエンドポイント非JSONを返す応答 、あなたは変換ミドルウェアサービス提供しなければならない応答 JSONにします。応答へのデータ アクションの有効なJSONでなければなりません。そうでない場合、データデータ アクション失敗します。
  • データアクションの出力スキーマ内のフィールドを統合しないでください。見る 発信ダイヤル規則で使用される操作のガイドライン