外部連絡先アクションを取得


外部連絡先は個人です。彼らはあなたが取引をしている会社の従業員かもしれませんし、彼らはあなたの直接のカスタマーかもしれません。これらの人々はあなたのエージェントに助けを求めます。 PureCloudの外部連絡先機能の詳細については、 外部連絡先について そして カスタマーデータのリポジトリ作成について

Architectで、[外部連絡先の取得]アクションを使用して既存の外部連絡先に関する情報を取得します。外部連絡先の取得アクションは、Eメールおよびアンケート招待フローで利用できます。新規または既存のEメールまたはアンケート招待フローから、タスクまたは州を開きます。ツールボックスから[外部連絡先]コンテナを展開し、[外部連絡先の取得]アクションをタスクエディタにドラッグします。

アクション 説明

名前

アクションの名前を入力してください。ここで入力するラベルとなるタスク シーケンスに表示されるアクションの名前。

外部連絡先 ID

[外部連絡先ID]フィールドにリテラル値または式を入力します。Architectは、外部連絡先結果フィールドで使用するための変数を作成します。

外部連絡先の結果

このアクションで見つかった外部連絡先を格納するための変数の名前を入力します。フローの残りの部分でこの変数を参照できます。

注意:システムが検索を1回しか取得しない場合、フローは完全一致出力パスに従います。一致する外部連絡先は、指定した変数に格納されている最初の要素です。

見つかったパス

このパスは、システムが外部連絡先を正しく見つけたことを示します。

やり取りしたい経路をたどるには、適切なアクションをFoundパスの下にドラッグします。たとえば、自動返信アクション、決定アクション、または会社のフロー設計に従ったその他のアクションや組み合わせなどです。サーベイ招待フローについては、完全サーベイアクションを追加します。

パスが見つかりません

このパスは、システムが外部連絡先を見つけられなかったことを示します。

やり取りするルートを指定するには、適切なアクションを[見つかりません]パスの下にドラッグします。たとえば、既存のカスタマーよりも低い優先順位で対話をルーティングしたり、新規カスタマーの設定に役立つように設計されたキューにそれらを転送したりします。調査招待フローの場合は、[調査を中止]アクションを追加します。