IDアクションでキューを検索

IDによるキューを使用すると、動的キューを参照し、IVRのIDに基づいて、そのキューを見つけることができます検索ランタイム 。 このアクションは、データアクションまたはデータテーブル検索アクションと共に使用してください。 たとえば、データアクションからキューIDを取得し、IDでキューを検索アクションに渡し、キュー参照を取得します。 次に、参照されたキュー情報を使用します 転送アクション. IVR ランタイムでキュー名に基づいてキューを見つける方法については、を参照してください。 キューの検索アクション.

メモ: 
  • 一意のタイプの動的ルックアップ制限は25です。
  • 各ルックアップは一意であるため、フロー内の同じオブジェクトの複数のルックアップは1としてカウントされます。
  • フローごとの合計ルックアップ制限は100です。

ツールボックスから、展開します 見つける カテゴリーとドラッグ IDでキューを検索 タスクエディターの適切な場所にアクションを追加します。

名前    説明
名前フィールド アクションの識別名を入力してください。 ここで入力するラベルは、タスクシーケンスに表示されるアクションの名前になります。
キュー ID

キューを見つけるキューIDを入力します。 フローの実行時に、Architectは指定されたキューIDに対して大文字と小文字を区別しない検索を実行します。 また、システムはID値に含まれる先頭または末尾の空白を削除します。 システムが完全一致を検出すると、キュー値を返します。

キュー結果

システムがキューID値を受信すると、ここで指定した変数にその値を保存します。 その後、フローの他の領域で変数を使用できます。 

見つかったパスと見つからなかったパスを設定する

名前    説明
見つかる

このパスは Architectは、組織内のキューIDを見つけました。  

適切なアクションをFoundパスの下にドラッグして、インタラクションを実行させたいルートをたどります。 たとえば、 転送アクション.

 メモ:   Queue Resultフィールドは、フローがFoundパスをたどったときにのみ入力されます。

見つかりません

このパスは、Architectが一致するキューIDを見つけられなかったことを示します。 

適切なアクションを[見つかりません]パスの下にドラッグして、やり取りする経路をたどるようにします。 例えば、 自動返信する または アクションを転送する メインメニューへ

 メモ:   フローが「見つかりません」パスをたどると、「キュー結果」フィールドに値が設定されません。