会話データの取得アクション

ワークフローには、属性を割り当てることができます。 属性はコール フローを通じて移動するオブジェクトに関する情報の一部です。 たとえば、インタラクションオブジェクトの1つの属性は、インタラクションを開始した人の電話番号または電子メールです。 各属性は名前と変数のペアです。 属性を取得するには、属性に割り当てる名前と文字列変数を指定します。  

メモ: 
  • いくつかの場合において、 属性参加者はまた、変化の流れを介して進行しながら、参加者の値が変更される可能性属性値。 この状況で、 ユーザー具体的に変数と文字列のペアを使用してGet Participant Dataを呼び出して保存すると、フローが終了すると、フローによって設定された値がクラウド内の値を上書きします。
  • 属性では大文字と小文字が区別されます。 フローの別の部分で既存の属性を使用する場合は、必ず元の属性の大文字と小文字を区別してください。

通話参加者から取得する属性を設定するには、タスクで[参加者データの取得]アクションを使用します。

アクション 説明と使用

名前

アクションの識別名を入力してください。 ここで入力するラベルは、タスクシーケンスに表示されるアクションの名前になります。

会話 ID

取得したいインタラクションの会話ID。 文字列の最大長は36です。

参加者 ID

取得したい発信者の参加者ID。

取得する属性を追加

このボタンをクリックして、「属性名/値」ペア構成フィールドを開きます。

属性名

属性に名前を付けます。 属性名は文字列リテラルでなければならず、空白のままにするとエラーを起こします。 

割り当てる変数

参加者の属性を取得するときは、ここで指定するフロー変数に格納されます。 その後、そのコール フロー内の他の場所でもその変数を使用することができます。 変数名を選択するときは、Architect が名前の前にフローを付けます。 フローします。 入力を開始すると、既存の変数名の一覧がドロップダウン リストに表示されます。 新規フロー変数に、もしくはそのコール フローの他の場所で定義した既存のフロー変数に参加者の属性を取得することができます。