エージェント主導の保留音楽をカスタマイズする

前提条件

 以下の権限

  • Architect > システムプロンプト > 編集
  • Architect > システムプロンプト > 表示する
  • Architect > Flow > Add
  • Architect > Flow > Edit
  • Architect > FlowView

Genesys Cloudユーザーは、自分のプロンプトを録音またはアップロードして、通話者が保留にしたときに聞こえる音楽をカスタマイズできます。 から システムプロンプトユーザーは カスタム保留音声を言語ごとにプロンプト、録音、またはアップロードするか、システムのデフォルト音声に戻す 

メモ: 
  • の promptもデフォルトの保留音楽プロンプトです。 キュー内コールフロー。
  • 組織がデフォルトのキュー内保留音楽を使用しているが、キューにキュー内フローを割り当てておらず、デフォルトのキュー内フローがバージョン1.0の場合、システムはArchitectからオーディオを取得しようとしません システムプロンプト

エージェント主導の保留音楽をアップロードするためのガイドライン

エージェント主導の保留セッションの保留音楽をアップロードする前に、次の点を考慮してください。

  • オーディオファイルは25 MBを超えることはできません。 
  • プロンプト音声ファイルを.wav形式でアップロードします。
  • 複数の言語用に保留音楽をカスタマイズしたい場合は、言語ごとに個別のオーディオファイルを更新する必要があります。 言語のオーディオファイルを更新しないと、システムはEdgeのデフォルトの保留音楽を再生します。
  • カスタム保留音楽を新しいオーディオファイルに変更すると、Edgeが新しいファイルを検出するのに最大1時間かかることがあります。

詳細については、 プロンプトについて そして プロンプトリソースを設定する

エージェントが開始した保留音楽を録音またはアップロードする

  1. 管理をクリックします。
  2. Architectクリック Architect
  3. Architectホームページで、をクリックするか、 プロンプト メニューと選択 システム
  4. on_hold_musicプロンプトを検索またはナビゲートします。
  5. プロンプトリストで、をクリックします。 on_hold_music エントリ。 [プロンプトを編集] ダイアログ ボックスを開きます。
  6. 音声をアップロードする言語の横にあるデフォルトの音声時間リンクをクリックします。  
     メモ:   デフォルトの長さは716.5秒です。
  7. プロンプトをアップロードするには、次の手順に従います。
    1. 表示されるメニューから、をクリックします アップロードする。 
    2. インポートするオーディオファイルクリック インポートする音声ファイルを選択 オーディオファイルを選択します。 
    3. オーディオファイルをプレビューするには、 遊びます ボタン。
    4. クリック アップロードする。 Architectはオーディオを処理します。
    5. 設定したい追加の言語ごとにステップ広告を繰り返します。
  8. プロンプトを録音するには、次の手順に従います。
    1. 表示されるメニューから、をクリックします ブラウザから記録する
    2. ブラウザの上部にあるをクリックします。 許可する
    3. オーディオの録音ダイアログボックスで、をクリックします。 録音開始
    4. プロンプトを録音してください。
    5. 録音が完了したら、をクリックします。 記録を停止 ボタン。
    6. オプションで録画を再生またはダウンロードします。
    7. クリック アップロードする。 Architectはオーディオを処理します。
    8. 設定したい追加の言語ごとにステップagを繰り返します。
  9.   [OK] をクリックします。