カスタムフィールドタイプ


前提条件

カスタムフィールドを作成するには、次の権限が必要です。

  • 外部連絡先 > カスタムフィールド > 追加, 編集する、および 見る

エージェントがカスタムフィールドを表示して使用するには、次の権限が必要です。

  • 外部連絡先 > カスタムフィールド >見る

顧客に関するカスタム情報を活用して、パーソナライズされたエクスペリエンスを提供します。たとえば、会社がメンバーシップIDとその他の関連データを連絡先に追加することを要求する報酬プログラムを提供しているとします。または、会社がVIPの顧客を指定して特定のエージェントにルーティングすることを希望している場合もあります。外部組織と連絡先のカスタムフィールドを使用すると、フィールドを作成してそれを実行するのに役立つ情報を得ることができます。

あなたが カスタムフィールドを作成する、次のフィールドタイプを使用できます。

カスタムフィールドタイプ

フィールドタイプ 説明 メモ
チェックボックス バイナリインタラクティブボックス
日付 選択可能な日付
日付 時刻 時間で選択可能な日付
ドロップダウン 文字列データのドロップダウンリスト 最大50個のドロップダウンオプション。
ドロップダウンごとに最大100文字オプション
識別子 ユニークな単一回線ストリング 最大100文字。
検索可能、大文字と小文字を区別しない、それ以外は正確
整数 整数
テキスト領域 マルチ回線ストリング 最大1000文字。
検索可能
番号 小数の数値フィールド
タグ 複数の文字列を持つ単一回線文字列

最大100文字。
最大10タグ/文字列。
検索可能、大文字と小文字を区別しない、それ以外は正確

テキスト 単一回線ストリング 最大100文字。
検索可能
URL シングル回線のWebページへのリンク文字列 最大200文字