ボットフローでカスタム動的リストスロットタイプを使用する

組み込みのスロットタイプに加えて、Architectは3つのカスタムスロットタイプをサポートしています。 リストスロットタイプ、動的リストスロットタイプ、および正規表現スロットタイプ。 ボットフローを作成するときに許可されるスロット値がわからない場合は、ボットフローで動的リストを構成します。

動的リストスロットタイプは、リストスロットタイプに似ています。ただし、リストスロットタイプの値は静的です。 動的リストは、ボットにスロットタイプの多くの値が含まれていて、Genesys DialogEngineボットフロー内でそれらを手動および個別に構成したくない場合に役立ちます。 これらの動的リストは、スロット値がユーザーごとに動的であり、設計時にボットの作成者に知られていない場合にも役立ちます。 データアクションまたは別のソースを使用して、ボットの会話中に値を取得し、それらを文字列コレクション変数に格納します。 詳細については、 統合のための個々のアクションの管理.

データアクションまたはその他のソースを使用して、ボットセッション中に許可された値を取得し、そのリストを文字列コレクション変数に格納できます。 その文字列コレクションを使用して、動的リストに値または同義語を入力できます。

メモ: 
  • 動的スロットは文字列コレクションのみをサポートします。
  • 文字列コレクションは2,000アイテムに制限されています。
  • 値のコレクションを空にすることはできません。
  • 同義語コレクションはオプションです。ただし、それらを提供する場合は、値コレクションのサイズと一致する必要があります。
  • 1つの値に複数の同義語を提供するには、コンマ区切りの文字列を使用します。
  • 値コレクションと同義語コレクションの最大合計文字長は4,000,000文字です。
  • 動的リストのサポート クイック返信

次のようなデータアクションを作成します ボットの会話中に値を取得します

また、データアクション統合で使用するためにGenesys Cloudでカスタムアクションを作成することもできます。 テンプレートとして使用する既存のアクション(静的またはカスタム)をコピーするか、または次の手順に従ってまったく新しいアクションを作成します。 アクションを追加するときには、契約と構成を追加するか、別のデータアクションからそれらをインポートすることができます。

Genesys Cloudでは、データアクションを使用して、ボットの会話中に値を取得します。 ここでは、入力契約と出力契約を定義します。 データアクションの出力コントラクトは、エンドポイントへのルートで設定したリターンメッセージと一致する必要があります。 

例: サードパーティのデータアクション構成

[
 {{
 "loanName": 「prsnl」、
 「同義語」: 「個人、休暇、休日」
 }、
 {{
 "loanName": 「自動」、
 「同義語」: 「自動車、自動車ローン、自動車ローン」
 }

例:  GenesysCloudデータアクション[契約]タブ 

画像をクリックして拡大します。

例:  GenesysCloudデータアクション[契約]タブ

例:  GenesysCloudデータアクション[応答]タブの構成

例:  GenesysCloudデータアクション[応答]タブの構成

整数コレクションを文字列コレクションに変換します

{{
  「translationMap」: {{
    「fundName」"$。[*]。fundName"「fundAmount」"$。[*]。fundAmount"「同義語」"$。[*]。synonyms"
  }、
  「translationMapDefaults」: {{
    「fundName」「[]」「fundAmount」「0」「同義語」「[]」
  }、
  「successTemplate」"{\" FundName \ ": $ {fundName}、\ "synonyms \": $ {同義語}、\ "fundAmount \": $ FundAmount.replace( '、'、 '\ "、\"')。replace( '['、 '[\ "').replace( ']'、 '\"]')} \ "}" }

Genesys Cloudでデータアクションを作成するには、次の手順を実行します。

  1. Genesys Cloudで、 管理.
  2. 下 統合クリック 行動。
  3. 統合用のカスタムアクションを作成する
  4. 契約を追加する。 
  5. 設定を追加。 
  6. アクションをテストする。

詳細については、 統合のための個々のアクションの管理.

アーキテクトボットフローからデータアクションを呼び出す

ボットフローの設計を続行するには、 データアクションの呼び出し

ボットフローでデータアクションを呼び出す

画像をクリックして拡大します。

ボットフローでデータアクションを呼び出す

アーキテクトボットフローからデータアクションを呼び出すには、次の手順に従います。

  1. アーキテクトツールボックスから、 データアクションの呼び出し Start要素の下のタスクエディタに移動します。
  2. カテゴリー、適切な統合カテゴリを選択します。たとえば、Webサービスのデータアクション。
  3. データアクション、Genesys CloudAdminで作成した動的リストデータアクションを選択します。
  4. 成功出力と失敗出力を完了するには、次のいずれかを実行します。
    • 作成する文字列コレクションに適切な変数を入力し、Enterキーを押します。
    • フィールドに、データアクションの対応する事前構成済みフィールドが入力されていることを確認します。

カスタムダイナミックリストスロットタイプを追加します

Genesys Cloudでデータ型を作成して構成した後、ボットフローに動的スロットリストを追加します。

動的リストスロットタイプを追加する

画像をクリックして拡大します。

ダイナミックリストのスロットタイプ

ボットフロー設定ページに移動します

画像をクリックして拡大します。

ボットフロー設定ページに移動します

新しいフロータイプを追加するには、次の手順に従います。

  1. アーキテクトでは、 新しいボットフローを作成する または既存のものを開きます。
  2. [ボットの開始]で、[ボットの開始]を選択します デフォルトのボット
  3. 「自然言語の理解」の下にある スロットタイプ.
  4. [スロット タイプ]ページで、 スロットタイプの追加.
  5. カスタムスロットタイプの名前を入力し、 保存.
  6. 選択 リスト をカスタムスロットタイプとして指定します。
  7. クリック ボットフロー設定に移動します
  8. [動的スロットタイプ]で、必要に応じて値と同義語を関連付けて、残りのフィールドに入力します。

    動的スロットタイプを使用してスロットを作成します

    カスタムダイナミックスロットタイプを作成したら、新しいスロットを作成し、ダイナミックスロットタイプをそれに関連付けます。

    画像をクリックして拡大します。

    自然言語理解メニュー - ダイナミックスロットタイプ

    動的リストスロットタイプでスロットを作成するには、次の手順に従います。

    1. 「自然言語の理解」の下にある スロットタイプ.
    2. クリック スロットの追加. [キーワードの追加] ダイアログ ボックスが表示されます。
    3. スロットに意味のある名前を付けます。
    4. [スロットタイプ]で、カスタム動的スロットタイプに移動して選択します。
    5.  保存するをクリックします。

    ボットフローの動的スロットを呼び出すには、Ask forSlotアクションを使用します

    これで、ダイナミックスロットを使用できます。 スロットアクションを要求する コールフロー内。

    画像をクリックして拡大します。

    コールフロー内のAskforSlotアクションの動的スロット

    Ask for Slotアクションで動的スロットを使用するには、次の手順に従います。

    1. アーキテクトツールボックスから、 聞く カテゴリをドラッグしてからドラッグします スロットを求める アクション Call Data ActionのSuccess、Failure、およびTimeoutパスの下。
    2. スロット、前に作成した動的ローンスロットを入力し、関連するフィールドに入力します。
    3. 組織の設計に従ってボットフローを完成させます。

    スロットを変更する

    スロット情報を変更するには、[スロット]メニューからスロットを選択して[ 編集

    フローを削除

    スロットを削除するには、[スロット]メニューからスロットを選択して[ 消去