新規キャンペーンを作成


前提条件

次のアクセス許可は、すべてのダイヤルモードで必要です。

  • 送信 > ; キャンペーン > ; 追加、削除、編集、検索
  • ルーティング > ; キュー > ; 検索
  • スクリプター > ; Publishedscripts > ; ビュー
  • 送信 > ; Contactlist > ; 検索

プレビューモードを除くすべてのダイヤルモードでは、次のアクセス許可が必要です。

  • 送信 > ; Responseset > ; ビュー
  • テレフォニー > ; サイト > ; ビュー サイトを構成するには
  • テレフォニー > ; プラグイン > ; すべての Edgeグループを構成するには

次のアクセス許可は、すべてのダイヤルモードではオプションです。

  • 送信 > ; Dnclist > ; ビュー
  • 送信 > ; ルールセット > ; ビュー
  • 送信 > ; Callabletimeset > ; ビュー
  • アウトバウンド > 連絡先リスト > 見る

キャンペーンエディタを使用すると、アウトバウンドキャンペーンを設定できます。最初のステップとして、 ダイヤルモード. デフォルトのモードは「プレビュー」ですが、新規キャンペーンで別のモードを使うことができます。使用するモードを決めます。詳細については、 ダイヤルモード.

そのダイヤリングモードのキャンペーンを設定するには、次の手順を実行します。

エージェントは複数のキャンペーンに同時に参加できます。管理者は各キャンペーンに優先順位を付けることができます。

  • エージェントは複数のキャンペーンでアクティブにすることができます
  • 複数のキャンペーンを同じ ACD キューから実行可能
  • キャンペーンには、1 (最低) から 5 (最高) までの優先度を割り当てることができます。

キャンペーンを構成する際、管理者は別のキャンペーンに割り当てられたキューを選択できます。キャンペーンエディタの優先度設定をサポートするダイヤルモードでは、同じキューを使用しているキャンペーンの重要度を他のものと比較してランク付けできます。

優先度の設定では、発信ダイヤリングによって各エージェントの各キャンペーンの発信回数を決定できます。時間の経過とともに、各キャンペーンの優先順位に比例して、より高い優先度のキャンペーンにエージェントごとのコール数が増えます。

エージェントは、アクティブになっているキューを経由して、複数のキャンペーンに自動的に参加します。同じキューを複数のキャンペーンに所属させることも、実行中のキャンペーンに割り当てられたキューのメンバーにすることもできます。エージェントが複数のキャンペーンでアクティブになっていると、各キャンペーンはそのエージェントに対してインタラクションを生成します。エージェントのラップアップ時間は、現在のコールのキャンペーン関連付けられています。

注意:小規模なエージェントプールで複数のキャンペーンを実行している場合、通話の間に遅延が発生することがあります。