注意: この記事は、Genesys Cloud Embeddable Framework、Genesys Cloud for Chrome、Genesys Cloud for Firefox、Genesys Cloud for Microsoft Teams、Genesys Cloud for Salesforce、および Genesys Cloud for Zendesk に適用されます。

重要。   Salesforce統合のためのGenesys CloudでJabraおよびYealinkヘッドセットのヘッドセットボタンと機能を使用するには、 WebRTC Phoneウィンドウを開く設定。 詳細については、以下を参照してください。 WebRTC電話設定を変更する.

Genesys Cloudでヘッドセットのサポートを確認する

Genesys CloudはあらゆるUSBヘッドセットのオーディオ・サポートを提供します。 しかし、Genesys Cloudは、特定のメーカーの特定のヘッドセットの内蔵通話コントロールしかサポートしていません。 ベンダーサイトでデバイスとGenesys Cloudの互換性を確認する:

ベンダーのウェブサイトでヘッドセットが見つからない場合は、ベンダーにお問い合わせください。 Genesys Cloud 対応ヘッドセットの通話コントロールで問題が発生した場合は、カスタマーケア までご連絡ください。

ヘッドセットの設定

Genesys Cloud 組み込みクライアントで使用するヘッドセットを設定します。 クライアントインターフェースで WebRTC 電話を選択する場合、接続されているヘッドセットのマイクを必ず選択してください。 

WebRTC電話の設定は、クライアントまたはWebRTC電話ウィンドウ(Chromeブラウザのユーザーのみ)で変更できます。 WebRTC電話設定の変更方法や変更できる項目は、使用するブラウザや製品、設定の場所(クライアントまたはWebRTC電話のウィンドウ)によって異なります。 詳細については、 WebRTC 電話用のブラウザウィンドウ そして WebRTC 電話の設定を変更する.

WebRTC は、組み込みクライアントで Jabra ヘッドセットの内蔵通話コントロールをサポートします。 Jabra ヘッドセットの内蔵通話コントロールを使用するには、WebRTC 電話が割り当てられている必要があり、Jabra ヘッドセットを有線 USB 接続または Jabra USB Bluetooth アダプターで接続する必要があります。

 メモ:   コンピュータの内蔵 Bluetooth アダプターを介して接続された Bluetooth Jabra ヘッドセットは、通話コントロール機能をサポートしていません。
  1. クライアントまたはWebRTC Phoneウィンドウから設定にアクセスします。
    • クライアントアクセス:
      1. クリック メニュー  > > 詳細 。
      2. 設定をクリックします。
      3. クリック WebRTC
    • WebRTC電話ウィンドウへのアクセス:
      1. 設定をクリックします。
  2. 設定で、マイクに Jabra ヘッドセットを選択します。
    Jabra ヘッドセットは Chrome ブラウザ(バージョン 89.x 以降)に組み込まれているWebHID 機能を利用します。
     メモ:   リストから特定のデバイス名を選択してください。 デフォルトのデバイスは同じ名前かもしれないが、機能しない。
  3. AdditionalPermissions Required プロンプトが表示されたら、Yes をクリックします。Chrome ブラウザーの Jabra パーミッション
  4. ChromeにWebHID接続のプロンプトが表示されたら、デバイスを選択し、Connect をクリックします。WebHID for Jabra デバイスの選択

これで、Jabra ヘッドセットに組み込まれている通話コントロールを使用できるようになりました。 通話制御機能を使用すると、ヘッドセットのコントロールを使用して、次のような基本的な通話操作の一部を実行できます。

  • 応答呼び出し
  • 電話を切る
  • 通話を保留にする
  • 通話を保留から解除する
  • 通話をミュートする
  • 通話のミュートを解除
  • 通話を拒否する 
 メモ:   *使用できる通話コントロールは、特定の Jabra ヘッドセットモデルの機能によって異なります。 すべてのヘッドセットが同じ機能を提供するわけではありません。

WebRTCは、Plantronics Hubソフトウェアを使用するPlantronics/Polyヘッドセットの内蔵通話コントロールをサポートします。 Plantronics ヘッドセットで内蔵の通話コントロールを使用するには、WebRTC 電話が割り当てられていること、および Plantronics ヘッドセットが USB 接続を使用している必要があります。 (Bluetooth接続の場合、Plantronicsヘッドセットの内蔵通話コントロールは使用できません。 

 メモ:   プラントロニクス Hub ソフトウェアがコンピュータにインストールされている必要があります。 GenesysCloudはサポートしていません やりました。 詳しくは、Plantronics/PolyサポートサイトのDesktop Apps for Windows and Mac をご覧ください。

プラントロニクス Hub ソフトウェアをコンピュータにインストールしたら、ヘッドセットをセットアップできます。

  1. クライアントまたはWebRTC Phoneウィンドウから設定にアクセスします。
    • クライアントアクセス:
      1. クリック メニュー  > > 詳細 。
      2. 設定をクリックします。
      3. クリック WebRTC
    • WebRTC電話ウィンドウへのアクセス:
      1. 設定をクリックします。
  2. 設定で、マイクにPlantronicsヘッドセットを選択します。
     メモ:   リストから特定のデバイス名を選択してください。 デフォルトのデバイスは同じ名前かもしれないが、機能しない。

Plantronics/Poly ヘッドセットに組み込まれた通話コントロールを使用できるようになりました。 通話制御機能を使用すると、ヘッドセットのコントロールを使用して、次のような基本的な通話操作の一部を実行できます。

  • 応答呼び出し
  • 電話を切る
  • 通話を保留にする
  • 通話を保留から解除する
  • 通話をミュートする
  • 通話のミュートを解除
 メモ:   *使用可能なコール コントロールは、特定の Plantronics ヘッドセット モデルの機能によって異なります。 たとえば、すべてのヘッドセットに保留ボタンがあるわけではありません。

WebRTCはゼンハイザー/EPOSヘッドセットの内蔵通話コントロールをサポートします。 Sennheiser/EPOS ヘッドセットで内蔵の通話コントロールを使用するには、WebRTC 電話が割り当てられている必要があります。

 メモ:   パソコンにEPOS Connectソフトウェアがインストールされている必要があります。 詳細については、EPOS Connect のページを参照してください。

コンピュータに EPOS Connect ソフトウェアをインストールしたら、ヘッドセットを設定できます。

  1. クライアントまたはWebRTC Phoneウィンドウから設定にアクセスします。
    • クライアントアクセス:
      1. クリック メニュー  > > 詳細 。
      2. 設定をクリックします。
      3. クリック WebRTC
    • WebRTC電話ウィンドウへのアクセス:
      1. 設定をクリックします。
  2. 設定で、マイクに Sennheiser/EPOS ヘッドセットを選択します。
     メモ:   リストから特定のデバイス名を選択してください。 デフォルトのデバイスは同じ名前かもしれないが、機能しない。

Sennheiser/EPOS ヘッドセットに組み込まれている通話コントロールを使用できるようになりました。 通話制御機能を使用すると、ヘッドセットのコントロールを使用して、次のような基本的な通話操作の一部を実行できます。

  • 応答呼び出し
  • 電話を切る
  • 通話を保留にする
  • 通話を保留から解除する
  • 通話をミュートする
  • 通話のミュートを解除
  • 通話を拒否する 
 メモ:   使用できる通話コントロールは、ご使用の Sennheiser/EPOS ヘッドセットモデルの機能によって異なります。 すべてのヘッドセットが同じ機能を提供するわけではありません。

WebRTCは、組み込みクライアントでYealinkヘッドセットの内蔵通話コントロールをサポートします。 Yealink ヘッドセットの内蔵通話コントロールを使用するには、、WebRTC 電話が割り当てられている必要があり、有線 USB 接続または Yealink USB ドングル(Bluetooth または DECT のいずれか)を介して Yealink ヘッドセットを接続する必要があります。

 メモ:   コンピューター内蔵の Bluetooth アダプターを介して接続された Bluetooth Yealink ヘッドセットは、通話コントロール機能をサポートしていません。
  1. クライアントまたはWebRTC Phoneウィンドウから設定にアクセスします。
    • クライアントアクセス:
      1. クリック メニュー  > > 詳細 。
      2. 設定をクリックします。
      3. クリック WebRTC
    • WebRTC電話ウィンドウへのアクセス:
      1. 設定をクリックします。
  2. 設定で、マイク用 Yealink ヘッドセットを選択します。
    Yealink ヘッドセットは、Chrome ブラウザ(バージョン 89.x 以降)に組み込まれているWebHID 機能を利用します。
     メモ:   リストから特定のデバイス名を選択してください。 デフォルトのデバイスは同じ名前かもしれないが、機能しない。
  3. AdditionalPermissions Required プロンプトが表示されたら、Yes をクリックします。Chrome ブラウザでの Jabra の許可
  4. ChromeにWebHID接続のプロンプトが表示されたら、デバイスを選択し、Connect をクリックします。イーリンク・コネクト

Yealink ヘッドセットに組み込まれた通話コントロールを使用できるようになりました。 通話制御機能を使用すると、ヘッドセットのコントロールを使用して、次のような基本的な通話操作の一部を実行できます。

  • 応答呼び出し
  • 電話を切る
  • 通話を保留にする
  • 通話を保留から解除する
  • 通話をミュートする
  • 通話のミュートを解除
  • 通話を拒否する 
 メモ:   使用できる通話コントロールは、特定の Yealink ヘッドセットモデルの機能によって異なります。
 メモ:   Genesys は、Genesys Cloud がサポートするヘッドセットの通話コントロールに関する問題について、限定的なテクニカルサポートを提供します。 カスタマーケアは、Genesys Cloudがヘッドセットと通信していることを確認するために、ログを調査し、レビューすることができます。 ヘッドセットの機械的な問題およびベンダーのソフトウェアファームウェアの問題は、ヘッドセットのベンダーの責任です。 Genesysは、サポートされているヘッドセットについて、すべてのヘッドセットモデルをテストしているわけではなく、互換性を保証することはできません。