ゼンハイザー/EPOSのヘッドセットを設定する

Genesys Cloud WebRTCは、Sennheiser/EPOSヘッドセットのビルトイン通話コントロールをサポートしています。 この機能により、ヘッドセットのコントロールを使用して基本的な通話操作を実行できます。*

  • 応答呼び出し
  • 電話を切る
  • 通話を保留にする
  • 通話を保留から解除する
  • 通話をミュートする
  • 通話のミュートを解除
  • 通話を拒否する 

*使用可能なコールコントロールは、特定のゼンハイザーヘッドセットモデルの機能に依存します。

通話制御は、Genesys Cloud Webブラウザクライアントとデスクトップアプリでのみサポートされており、 組み込みクライアント。 Sennheiser/EPOS ヘッドセットで内蔵の通話コントロールを使用するには、WebRTC 電話が割り当てられている必要があります。 (参照 既定の電話を割り当てる.) Genesys Cloudのデスクトップアプリや、サポートされているWebブラウザからGenesys Cloudを実行する際に、Sennheiser/EPOSのヘッドセットを使用することができます。

注意: パソコンにEPOS Connectソフトウェアがインストールされている必要があります。 詳しくは、EPOS Connect のページをご覧ください。

ヘッドセットを設定する

パソコンにEPOS Connectソフトウェアがインストールされたら、ヘッドセットの設定を行います。

  1. サイドバーから、 呼び出し アイコン。 [呼び出し] パネルが開きます。
  2. [呼び出し] パネルで、 設定 アイコン。 [電話の設定]パネルが開きます。 [オーディオコントロール-プロファイル名]ボックスで、 コンピューターの設定を使用する メッセージが表示されます。
  3. 適切なコネクタ (USB ケーブルまたは USB トランシーバ) を使用して、コンピュータの USB ポートにヘッドセットを接続します。
  4. Genesys Cloudがデバイスプロファイルを作成するようプロンプトが表示されたら、 はい
  5. ヘッドセットがマイクとスピーカーボックスの既定の選択として表示されていることを確認します。
  6. の オーディオコントロール–プロフィール名 [] ボックスに名前を入力します。
  7.  保存するをクリックします。
 

ゼンハイザー/EPOSのヘッドセットに内蔵されている通話コントロールが使えるようになりました。 今後、Genesys Cloudは、ヘッドセットがコンピュータのUSBポートに接続されている限り、ヘッドセットプロファイルを自動的に読み込みます。

ヘッドセットの再接続

デバイスプロファイルを作成した後、ヘッドセットを切断すると、Genesys Cloudは、次回ヘッドセットをコンピュータのUSBポートに接続するときに、既存のプロファイルを使用するように要求します。

デバイスプロファイルを編集する

デバイスプロファイルを編集するには、 プロファイル名横の [プロファイルの編集] アイコンをクリックします。

 メモ:   Genesys は、ヘッドセットに関する限定的な技術サポートを提供しています。 カスタマーケアは、Genesys Cloudがヘッドセットと通信していることを確認するために、ログを調査し、レビューすることができます。 ヘッドセットの機械的問題およびベンダーのソフトウェアファームウェアの問題は、ヘッドセットベンダーの責任となります。 Genesysは、サポートされているヘッドセットについて、すべてのヘッドセットモデルをテストしているわけではなく、互換性を保証することはできません。