Sennheiserヘッドセットを設定する


PureCloud WebRTC は、ゼンハイザーヘッドセットの組み込みの呼び出しコントロールをサポートしています。この機能により、ヘッドセットのコントロールを使用して基本的な通話操作を実行できます。*

  • 応答呼び出し
  • 電話を切る
  • 通話を保留にする
  • 通話を保留から解除する
  • 通話をミュートする
  • 通話のミュートを解除
  • 通話を拒否する 

*使用可能なコールコントロールは、特定のゼンハイザーヘッドセットモデルの機能に依存します。

ゼンハイザーヘッドセットの組み込みの通話コントロールを使用するには、WebRTC 電話が割り当てられている必要があります。(参照 既定の電話を割り当てる.) あなたにはゼンハイザーのヘッドセットを使用することができますPureCloud デスクトップ アプリリまたは実行するときにPureCloudサポートするウェブからのブラウザー 。

注意:Sennheiser HeadSetup(Macのみ)またはSennheiser HeadSetup Pro(PCのみ)ソフトウェアがコンピューターにインストールされている必要があります。詳細については、ゼンハイザーサポート(https://www.eposaudio.com/ en / us / enterprise / support). 

ヘッドセットを設定する

お使いのコンピューターにゼンハイザー HeadSetup ソフトウェアをインストールした後は、ヘッドセットを設定できます。

  1. サイドバーから、 呼び出し アイコン。[呼び出し] パネルが開きます。
  2. [呼び出し] パネルで、 設定 アイコン。電話の設定パネルが開きます。[オーディオコントロール]-[プロファイル名] ボックスで、 コンピュータの設定を使用 メッセージが表示されます。
  3. 適切なコネクタ (USB ケーブルまたは USB トランシーバ) を使用して、コンピュータの USB ポートにヘッドセットを接続します。
  4. PureCloud がデバイスプロファイルの作成を求めるメッセージを表示したら、 うん
  5. ヘッドセットがマイクとスピーカーボックスの既定の選択として表示されていることを確認します。
  6. の オーディオコントロール–プロフィール名 [] ボックスに名前を入力します。
  7. クリック 保存する

これで、あなたのゼンハイザーヘッドセットに組み込まれたコールコントロールを使用することができます。将来的には、ヘッドセットがコンピュータの USB ポートに接続されている限り、PureCloud は自動的にヘッドセットプロファイルをロードします。

ヘッドセットの再接続

デバイスプロファイルを作成した後、ヘッドセットを切断すると、次にヘッドセットをコンピュータの USB ポートに接続するときに、既存のプロファイルを使用するように PureCloud プロンプトが表示されます。

デバイスプロファイルを編集する

デバイスプロファイルを編集するには、 プロファイル名 [プロファイルの編集]アイコンをクリックします。