Dialogflow Botアクションを呼び出す

前提条件 

統合 > 統合 > 見る 権限の任意に割り当てられたユーザー 役割

Call Dialogflow Botアクションを使用して、顧客をエージェントにルーティングする前またはルーティングする代わりに、フロー内でセルフサービスアプリケーションを実行します。 このアクションは、着信および発信通話フロー、チャットおよびメッセージフローで使用します。

ノート: 
  • このアクションは、通話、チャット、およびメッセージフローで使用できます。
  • GenesysCloudへのGoogleCCAI統合を利用したGenesysVirtual AgentServicesを使用するGoogleDialogflowボットは、PCIに準拠していません。 ベストプラクティスでは、Architectの安全なコールフローでそれらを使用しないことをお勧めします。
  • Architect でコール ダイアログフロー ボットアクションを有効にするには、まず Genesys AppFoundry から Google ダイアログフロー統合を取得する必要があります。 次に、Genesys Cloudで設定し、GoogleコンソールでGoogle Dialogflowボットを作成します。
  • 少なくとも 1 つのアクティブな Google ダイアログフロー統合を有効にする必要があります。 詳細については、 Google Dialogflow統合について.
  • Googleは、Google Dialogflowボットに加えた変更コンソールに表示されるまで数分かかることがArchitect 。
  • Google Dialogflowボットの割り込み機能性を有効にするには、 Google Dialogflowボットの介入を有効にする.
  • 管理者は、Architect フローで使用可能な任意のテキストからスピーチへのプロバイダを使用して、インストール済みの Bot 統合を使用できます。 詳細については、以下を参照してください。 テキスト音声変換(TTS)統合について.
  • Google Dialogflowの設定に関する詳細については、 Google Dialogflow統合について そして Google Dialogflowのよくある質問.
名前    説明
名前フィールド アクションの識別名を入力してください。 ここで入力するラベルは、タスクシーケンスに表示されるアクションの名前になります。
エージェント入力テキスト

Dialogflow Agent に送信する文字列変数テキスト。

 メモ:   通常、このフィールドは、ボット アクションをチェーンする場合にのみ使用します。

フォローアップ応答タイムアウト

ボットがフォローアップ情報を要求する必要がある場合は、このフィールドを使用して、ユーザーが返信を送信するまでボットが待機する時間を設定します。 システムは 、陰性、または即時の場合は 0 秒の持続時間。

  • デフォルト: 5 分
  • 最小値: 0 秒
  • 最大値: 10時間
Dialogflow エージェント

使用する特定のダイアログフロー ボット (エージェントとも呼ばれます)。 このバージョンは、Google コンソール作成するエージェントボットです。

環境

実行時にフローで使用する Google Dialogflow 環境を選択します。

 メモ:   ドラフト環境は、Dialogflowエージェントでは常に使用できます。 選択した Dialogflow エージェントに対して環境を作成しなかった場合は、[ドラフト] のみを使用できます。 そうでない場合は、公開された環境のリストがドラフトに加えて表示されます。

環境は、流れがGoogleのDialogflowエージェントのバージョンを選択するための方法を提供するArchitect流れで通話ランタイム 。 ArchitectでのGoogle Dialogflow環境の使用の詳細については、 Architect Google Dialogflow環境を使用する. Google Dialogflow 環境の詳細については、以下を参照してください。 Google Cloudのバージョンと環境.

初期イベント名

インタラクションの開始時にトリガーする Dialogflow エージェント イベントの名前。

セッション変数

ボットに渡したり、ボットから取得できる情報。 変数の名前と割り当てる値を入力します。 複数の変数を追加したり、それらを並べ替えることができます。

入力

デジタル フローでは、Dialogflow Agentは、フローが空白でない初期イベント名を提供する場合にのみ、入力セッション変数を使用します。 入力を使用して、データをDialogflowエージェントに渡します。 送信する値ごとに、エントリに名前と、その値の文字列に解決する式を指定します。 次に、アクションが実行されると、すべての式が評価され、イベントパラメータとしてDialogflowに渡される文字列が生成されます。 パスの名前をスロットの名前として選択することによってスロットを事前入力したり、Dialogflow エージェント Webhook で処理するデータをさらに渡すことができます。

  • キー名
  • 割り当てる値

出力

出力を使用して、Dialogflowからデータを抽出します。 作成 name-valueパラメータを持つ「genesys-output」という名前のDialogflow出力コンテキスト。 次に、アーキテクトの[出力]セクションで、必要なパラメーターの名前と、一致する値を格納するアーキテクト変数をリストします。

 メモ:   キー名は大文字と小文字が区別されます。

  • キー名
  • 割り当てる変数
インテント

このセクションに表示されるオプションは、Dialogflowボットのドラフト環境で構成されたロジックを反映しています。 各意図は実行するアクションを表します。 たとえば、ピザを注文したり、花を注文したりします。 各意図パスがでコールDialogflowボットアクションの出力パスと一致するタスクエディタを。

各意図の下に、 Architect構成Dialogflowボットスロットを表示し、または任意のデータは、 ユーザー目的を満たすために提供しなければなりません。 ピザ注文の意図を例として使用すると、スロットにはクラストの種類、材料、チーズの量、および切断スタイルを含めることができます。 場合はユーザー注文ピザのパスを選択し、その後、Dialogflowボットは、そのパスに関連付けられているスロットを提供します。 選択した環境関係なく、Dialogflow Botを呼び出すアクションには、Dialogflow Botのドラフトからのインテントとスロットが常に表示されます。

 メモ:   インテントが Architect で出力として表示されるようにするには、Google ダイアログフローでインテントを作成する場合は、必ず会話の終了インテントとして指定してください。 それ以外の場合、意図はここに表示されません。

インテント確率

検出された Dialogflow の会話終了イベントの信頼度。 フローが目的を検出した場合、値の範囲は 0.0 ~ 1.0 です。 フローが意図を検出しない場合、この設定にバインドされる変数の値は変更されないままになります。

失敗の出力

Dialogflowボットによって返される障害データ値に割り当てる変数を選択します。

データ値 変数
errorType
  • FeatureNotEnabledError: Call Dialogflow Botアクションは、組織では使用できません。
  • 内部サーバーエラー: Dialogflow Botの呼び出しアクション中に予期しないエラーが発生しました。 通常、受信した応答は無効な形式です。 連絡先 Genesys Cloudカスタマーケア.
  • NoInputError: コールDialogflowボットの行動は、いかなるせずにタイムアウトしたユーザー入力。
エラーメッセージ: ローカライズされていないメッセージ。 この文字列変数は、空またはNOT_SETにすることができます。

 メモ:   変数のリストを展開または折りたたむには、横の矢印をクリックします 失敗の出力.

意図パスと障害パスの構成

名前    説明
インテント パス

Google Dialogflowボットのドラフトは、これらのパスを指示します。

障害出力パス

このパスは、アクションの実行中にエラーが発生したか、または結果の処理中に問題が発生したことを示しています。  

 メモ:   ネットワークで接続の問題が発生した場合、このアクションは自動的にこの失敗経路をたどります。

適切なアクションをFailureパスの下にドラッグして、やり取りする経路を指示します。 たとえば、発信者を援助のためにエージェントに送信する転送アクション。