Google Cloud Dialogflow ES ボットのバージインの設定

前提条件:

次のEdgeバージョン:

いずれかに割り当てられた次の権限ユーザー 役割 :

  • ダイアログ > ボット > 追加, 編集、見る
  • ダイアログ >BotDomain > 追加, 編集する, 見る
  • ダイアログ >BotDomainModel > 追加, 編集する, 見る
  • ダイアログ >ボット発話 > 追加, 編集する, 見る
  • ダイアログ >BotVersion > 追加, 編集する, 見る
  • 知識 > カテゴリー > 追加, 編集する, 見る
  • 知識 > 資料 > 追加, 編集する, 見る
  • 知識 >知識ベース > 追加編集する探す, 見る
  • 知識 > トレーニング > 作成する, 編集する, 見る

Google Cloud Dialogflow ES 統合を使用するフローのコール Dialogflow ボット アクションのバージイン機能は、デフォルトで有効になっています。Google Cloud Dialogflow ES コンソールでボットのカスタム ペイロード レスポンスを作成して、Genesys Cloud で使用するバージイン機能を設定します。

各インテントの割り込み機能性を無効または再度有効にするには

  1. Google Cloud Platform コンソールで、Dialogflow ES コンソールに移動します
  2. エージェントを選択します。
  3. インテントを選択 左側のサイドバーメニュー。
  4. インテントを選択します。
  5. 下にスクロールして 反応 セクション。
  6. クリック 回答を追加 次にクリックします カスタムペイロード.
  7. 割り込み機能性を無効にするには、次のコードをカスタムペイロード応答に追加します。
    {
    
    "barge-in": false
    
    }
  8. 割り込み機能性を再度有効にするには、次のコードをカスタムペイロード応答に追加します。
    {
    
    "barge-in": true
    
    }
  9. 保存するをクリック します。