スクリプトを使用するコールバック作成アクションを許可する


スクリプトのCallbackプロパティを有効にすると、ArchitectコールフローでCreate Callbackアクションを実行してスクリプトを選択できます。この設定はデフォルトで無効になっています。

有効にするには、 Architect追加するためにコールバックにアクションスクリプトは、次の手順に従います

  1. クリック 管理者

  2. コンタクトセンタークリック スクリプト

  3. 開くには、 スクリプトエディタで、クリックスクリプトの名前を。

  4. 脚本 メニュー、クリック スクリプトのプロパティ.

  5. クリック 折り返し電話

  6. スイッチを 有効 ポジション。