エージェントレスSMS通知

前提条件

  • Genesysクラウドユーザー2
  • 専用SMS番号
  • OAuthクライアント資格情報
  • 会話 > メッセージ > 作成する 権限に割り当てられた役割

エージェントレスSMS通知機能は、エージェントを介さずにSMS通知を送信できるように設計されています。 この機能により、Genesys Cloudはトリガーされたイベントに基づいてバックエンドシステムからSMS通知を自動的に送信することができます。 エージェントレスのSMS通知機能もあなたからSMS通知を送信することを可能にするArchitect使用してフローデータ アクション 。

たとえば、注文した製品を出荷したことを顧客に通知するとします。 その場合、Genesys Cloudを設定して、出荷および追跡情報を記載したSMSメッセージを顧客に送信します。 または、今後の予定を顧客に思い出させたいとします。 Genesys Cloudは、日付、時間、または場所などの予約確認の詳細を記載したSMSメッセージを顧客に送信するよう設定できます。

パブリックAPIによってエージェントレスSMS通知にアクセスします。 詳細については、 会話ページ そしてその エージェントレスSMS通知ページ デベロッパーセンターで。

トリガーイベント

バックエンドシステムからトリガーされたイベントに基づいてエージェントレスSMS通知を設定するには:

  1. 既存のOAuthクライアントを作成または使用します。 詳細については、 OAuthクライアントを作成するをご覧ください。
  2. OAuthクライアントの資格情報を使用してトークンを生成します。 詳細については、 付与-クライアント資格情報をご覧ください。
  3. 新しいトークンを使用して、新しいAgentless API エンドポイントポイントを呼び出します。 詳細については、開発者センターのエージェントレスSMS API そしてその エージェントレスSMSチュートリアルをご覧ください。

Architect フロー

ArchitectフローからエージェントレスSMS通知を構成するには:

  1. SMS通知APIを呼び出すデータデータ アクション作成します。 詳細については、以下を参照してください。 Genesys Cloudデータアクションインテグレーションについて.
  2. フロー内でそのデータデータ アクション使用します。 詳細については、 統合のためにArchitectでデータアクションを使用するをご覧ください。
ノート:  
  • E.164形式を使用して宛先番号をフォーマットします。
  • 必ず組織内で番号をプロビジョニングください。
  • SMSへの適切なオプトインを収集して保存する番号にのみメッセージを送信します。
  • 標準のSMS料金 エージェントレスSMS APIによって送信される発信SMSに適用されます。 
  • エージェントレスSMSAPIは、デフォルトでは、 できません 送信 接続している顧客へのメッセージ SMS会話。 接続されたSMS会話は、フロー内、キュー内、またはエージェントやボットに接続された、顧客と組織の間のアクティブな会話です。 API呼び出しでオプションの属性を使用すると、デフォルトの動作を変更して、接続された会話でエージェントレスメッセージを送信できます。 ただし、会話がボットに接続されている場合、ボットはメッセージを顧客から受信したものとして解釈します。