ボットフローに知識を追加する

前提条件
  • Genesys Cloud 1、Genesys Cloud 2、またはGenesys Cloud 3ライセンス
  • いずれかに割り当てられた次の権限ユーザー 役割 :
    • 建築家>UI(UI)>表示
    • 建築家> 流量>追加、表示、編集、削除
    • 言語理解 > すべて
    • 知識 >> 全て
    • 分析 >> 知識集約 >> 全て

Genesys Dialog Engineボットフローに知識を追加して、FAQスタイルのボットを作成できます。 ナレッジを追加するには、ナレッジワークベンチでナレッジベースを作成し、それをボットフローにリンクします。 Architectのボットフローで既存のナレッジベースを使用できます。 アーキテクトからナレッジワークベンチを開いて、新しいナレッジベースを作成および構築することもできます。 Genesys Dialog Engineボットフロー内で、「Ask for Intent」アクションを使用して、知識を使用するようにボットを構成できます。 知識は、それ自体で、または意図的に使用できます。

ナレッジワークベンチを使用すると、ナレッジ作成者はナレッジドキュメントを作成および管理し、検索アルゴリズムをトレーニングし、ナレッジベースのパフォーマンスを表示できます。 ナレッジベースは、エージェントと顧客によるクエリに応答する事前定義されたナレッジドキュメントのセットです。 Genesys Dialog Engine Bot Flowsは、英語のナレッジベースのみをサポートします。 詳細については、 延期作業について。

「知識」セクションが「自然言語理解」メニューに表示されます。

自然言語理解メニュー - 知識

ナレッジベースを選択すると、システムに情報と構成オプションが表示されます。

GDEBF ナレッジビュー

フィールド    説明
ナレッジ ベース 現在のナレッジベースの名前と言語。
詳細セクション A

このセクションは以下の項目を含みます。

  • ナレッジベースの名前と言語
  • 構成されている場合、ナレッジベースの説明
  • ナレッジベース内のFAQの数
  • ナレッジベースが作成された日付
  • ナレッジベースが最後に更新された日付
返された応答の最大数

NS一致する可能性のあるものが複数存在する場合に、発信者の質問に対して与えられる回答の最大数。 

  • デフォルト: 3
  • 最小値: 1
  • 最大値: 20
確認とあいまいさ解消

使用可能なオプションごとに、式を入力するか、 で作成する 通信シーケンスビルダー

  • 単数回答の紹介 単一の知識の答えを返す前にボットが使用する表現。 たとえば、「次の情報が見つかりました。」
  • 複数応答の紹介 ボットが一致する知識の回答の番号付きリストを紹介するために使用する文言。 このオプションは、一致する可能性のあるものが複数存在する場合に使用します。
  • 複数応答の再試行 ボットが一致する知識の回答の番号付きリストを再導入するために使用する文言。 このオプションは、ユーザーが最初に番号を選択しようとして失敗した場合に使用します。
  • すべての応答を却下 ボットが複数の回答を表示するときに最後のオプションとして使用する表現。たとえば、「これらのどれでもない」。 このオプションを選択すると、システムは他のすべての提案された回答を拒否します。
  • ナレッジ確認 システムが回答を提示した後、知識確認応答を有効または無効にする設定。 デフォルト設定は[なし]です。
  • ナレッジ確認応答 ボットが単一の知識の答えを提供した後に使用する表現。たとえば、「これはあなたの質問に答えましたか?」

ボットフローでナレッジベースを使用する

ボットフローでナレッジベースを使用するには、次の手順に従います。

  1. ボットフローを作成するか、既存のボットフローを開きます。 [Bot フロー] ページが開きます。
  2. 以下 自然言語の理解、をクリックします。 意図.
  3. 知識ベース、新しいナレッジベースを作成するか、既存のナレッジベースを選択します。
    • 新しいナレッジベースを作成するには、[開く]をクリックします   ボタンをクリックしてナレッジワークベンチを新しいタブで開き、次に 知識ベースを追加する
    • 既存のナレッジベースを使用するには、リストから選択します。
  4. 返される回答の最大数、tを入力します一致する可能性のあるものが複数存在する場合、発信者の質問に対して与えられる回答の最大数。 
  5. 確認と曖昧性解消、適切なステートメントボタンをクリックしてから、会話全体の特定のポイントでボットが使用する文言を構成します。
     メモ:   式を入力するか、 通信シーケンスビルダー
    1. 単数回答の紹介 クリック 値ボタンを出力し、応答を作成します。 デフォルトの設定は [標準]です。
    2. 複数応答の紹介 クリック ステートメントボタンをクリックして、応答を作成します。
    3. 複数応答の再試行 クリック ステートメントボタンをクリックして、応答を作成します。
    4. すべての応答を却下 クリック ステートメントボタンをクリックして、応答を作成します。
    5. ナレッジ確認 クリック ステートメントボタンをクリックして、応答を作成します。
    6. ナレッジ確認応答 クリック ステートメントボタンをクリックして、応答を作成します。
  6. ボットフローの構築を続行します 組織の仕様に従って。 
     メモ:   知識は下に表示されます 意図的な行動を求める パス。