タスクに、再利用可能なタスクにジャンプのアクションを追加

再利用可能なタスクにジャンプ]アクションを使用すると、以前に[再利用可能なタスク]領域で構成した完全なタスクを挿入することができます。

  1. Architectホームページで、をクリックするか、 流れ メニューを選択して、希望のフロータイプを選択します。
  2. 新しいフローを作成するか、既存のフローを開きます。 フローの設定ページが開きます。
  3. 開始タスク、ステート、ボットをクリックするか、再利用可能なタスク、ステートをクリックします。 タスク エディターを開きます。
  4. エディタツールボックスから、タスクカテゴリを展開し、再利用可能なタスクにジャンプアクションをタスクシーケンスの適切な場所にドラッグします。
  5. 再利用可能なタスクへのジャンプで アクション エリア、デザイン、 名 フィールドでは、アクションのわかりやすい名前を入力します。 この名前は、タスクエディタの「再利用可能なタスクにジャンプ」アクション( )の名前になります。
  6. Task リストの末尾にある矢印 をクリックし、フローのルーティング先となるタスクを選択します。
  7. コールフロー設計に従ってタスクの構築を続けます。