メニューにジャンプのアクション

メニュー メニュー アクションにジャンプを使用して、指定されたメニューに即座に転送するオプションを発信者に許可します。  このアクションは、メニューおよびタスク シーケンスで使用することができます。   メニュー選択のアクションを使用するとき、Architect が DTMF および音声認識などの追加設定を提供します。

名前    説明
名前フィールド

アクションの識別名を入力してください。 ここに入力したラベルは、通話に表示されるアクションの名前になります フロー構造。

メニュー 通話の転送先となる現在の通話フローに対して定義されているメニューを選択します。
新規メニューを作成 このボタンをクリックして、通話の転送先となる現在の通話フローの新しいメニューを追加します。 新しいメニューは、メニュー アクションにジャンプで使用するため追加のメニューを行うことができます, 再利用可能なメニュー領域に表示されます。
メニューに移動 クリックすると表示されます 新しいメニューを作成する。 クリック メニューへ 新しく作成した再利用可能なメニューを開いて設定します。