タスクへのCall Data Actionの追加


タスク内でCall Data Actionを使用して、統合データアクションから連絡先に関する特定の属性を取得します。たとえば、名前、住所、連絡先番号、アカウント番号、アカウントのステータスなどです。

  1. Architectホームページで、をクリックするか、 流れ メニューを開き、希望のフロータイプを選択します。
  2. 新しいフローを作成するか、既存のフローを選択してください。フローの設定ページが開きます。
  3. タスクを選択してクリック クリックして開く。タスク エディターが開きます。
  4. タスクエディタのツールボックスから、 データ カテゴリをドラッグして データ呼び出しアクション タスクエディタで目的の場所に移動します。
  5. の中に  ボックス アクションのわかりやすい名前を入力してください。この名前は、タスクワークフローの[データの呼び出し]アクションの名前になります。
  6. から カテゴリー リストから、データアクションを含むカテゴリを選択します。
  7. から データ操作 リストから目的のデータ操作を選択します。
  8. に 使用デフォルト 1分タイムアウトのためのデータ アクション 、有効 その アクションの提案されたタイムアウト使用 チェックボックス。クリアして、独自のタイムアウトパラメータを定義します。
  9. 選択したデータアクションに応じて、定義します 入力 成功のアウトプット、そして 失敗の出力 アクションは実行時に実行されます。
    注意表示されるプロパティは、データアクション用に作成された要求スキーマから取得されます。
  10. Call Data Actionのものも含めて、フロー設計に従ってタスクの構築を続けます。 成功失敗、そして タイムアウト パス。

詳細については、 データ呼び出しアクション