タスクに参加者データの設定アクションを追加する


タスクで参加者データの設定アクションを使用して、通話参加者に属性値を設定します。たとえば、発信者の情報を検索するCall Bridgeアクションがある場合は、Set Participantデータアクションを使用してCall Bridgeアクションの検索結果を保存します。Architectが発信者を別のフローに転送する場合、2番目のフローは参加者データが以前に設定されているかどうかを確認し、転送先のフローでBridgeアクションを再度呼び出すことなくデータを再利用できます。

  1. Architectホームページで、をクリックするか、 流れ メニューを開き、希望のフロータイプを選択します。
  2. 新しいフローを作成するか、既存のフローを選択してください。フローの設定ページが開きます。
  3. タスクを選択してクリック クリックして開く タスクエディタを開きます。
  1. タスクエディタのツールボックスから、 データ カテゴリをドラッグして 参加者データを設定する タスクシーケンス内の目的の場所へのアクション。
  2. Set Participant Dataデザインフォームの テキストボックス アクションのわかりやすい名前を入力してください。この名前は、タスクワークフローの[参加者データの設定]アクションの名前になります。
  3. の中に 属性名1 ボックスに、文字列リテラル属性名を割り当てます。
  4. の中に 割り当てる値1 boxの場合は、リテラルエディタまたは式エディタを使用して属性に文字列値を割り当てます。
  5. 属性を追加するには、 取得する属性を追加 ボタンを押して、手順5〜6を繰り返します。
  6. コールフロー設計に従ってタスクの構築を続けます。

注意:属性は大文字と小文字を区別します。 フローの別の部分で既存の属性を使用する場合は、必ず元の属性の大文字と小文字を区別してください。