タスクにインプットを収集のアクションを追加


入力データの収集アクションを使用して、発信者に一連の数字の入力を促します。たとえば、郵便番号や口座番号などです。

発信者が正確な桁数、または一定範囲の桁を入力できるようにすることができます。たとえば、10桁(または最大10桁)の数字を収集するようにアクションを設定した場合、フローは聞こえた最初の10桁を受け入れます。それは、流れの中の次の行動の方向として続く数字を解釈します。タスクの次のアクションがメニューの場合は、11桁目がそのメニューの選択に一致すると見なされます。確認のために確認方法を使用して数字を再生すると、正確な入力を保証するのに役立ちます。

  1. Architectホームページで、をクリックするか、 流れ メニューを開き、希望のフロータイプを選択します。
  2. 新しいフローを作成するか、既存のフローを選択してください。フローの設定ページが開きます。
  3. タスクを選択してクリック クリックして開く。タスク エディターが開きます。
  4. ツールボックスから、 データ カテゴリをドラッグして 入力を集める タスクシーケンス内の目的の場所へのアクション。
  5. Collect Inputデザインフォームの テキストボックス アクションのわかりやすい名前を入力してください。この名前は、タスクワークフローの[Collect Input]アクションの名前になります。
  6. の中に 入力オーディオ ボックスで、次のいずれかを実行します。
    • 発信者に再生するためのプロンプトの名前を入力します。
    • 相手に再生するには、音声合成 ( TTS )を追加します。
    • 音声シーケンスを設定します。
  7. の中に 入力データ名 Architectが実行時に使用する入力数字を格納する変数に使用する名前を入力します。
  8. の中に エントリータイムアウトなし エリア、 タイムアウトするまでシステムが何も入力しないで待機する秒数を設定する+および - ボタン。または、式エディタを使用して、変数と演算子を選択して自動計算を作成します。
  9. の中に 桁数 スライダーバー 正確な デフォルトでは、次のいずれかを実行します。
    • スライドバーを使用して、操作を完了するために発信者が入力する必要がある正確な桁数を選択します。
    • クリック 範囲に変更 スライドバーを使用して、発信者が操作を完了するために入力する必要がある数字の範囲を設定します。
  10. 桁数の範囲を選択した場合は、 終了数字 ダイヤルパッド ユーザーが数字の範囲の入力を終了したことを示すために入力する必要がある数字または文字。
  11. の端にある矢印をクリック 検証 ドロップダウンリストから次のいずれかを選択します。
    • 数値:1234は千、二百三十四と読まれるでしょう。
    • 個々の数字:1234 として読み取られる"1 つ 2 つ 3 つ 4 つ」。
    • 検証なし:Architectはデータエントリを呼び出し元に読み戻しません。
  12. の中に 桁間タイムアウト 地域、私たち+および - ボタンを押すと、タイムアウトするまでに各数値入力の間にシステムが待機する秒数を設定します。または、式エディタを使用して、変数と演算子を選択して自動計算を作成します。
  13. コールフロー設計に従ってタスクの構築を続けます。