キューで予測ルーティングをアクティブ化する

キュー内のインタラクションの予測ルーティングをオンにする準備ができたら、次のいずれかの場所からプロセスを開始できます。

次のビデオは、キューでのすべての対話を処理するための予測ルーティングサブスクリプションを開始する手順を示しています。 書面による手順はビデオに従います。

  1. クリック 予測ルーティングをオンにする から キューのメリットの評価 ペイン。 [予測ルーティングをオンにする]ペインが開きます。
  2. 最適化する KPI を選択します。 デフォルトでは、予測ルーティングは最適化の可能性が最も高いKPIを選択します。
    メモ:   予測ルーティングをアクティブ化した後、選択したKPIを変更できますが、変更すると新しいKPIが発生することに注意してください。 処理期間
  3. を変更するには タイムアウト値 デフォルトの30秒から別の値に、クリックします 高度な設定
  4. より多くの構成オプションが必要かどうかに応じて、続行する方法について2つの選択肢があります。
    1. (オプション)フォールバックルーティング方法およびその他のパラメータを設定するには、[ その他の設定。 最初にこのリンクが表示されない場合は、をクリックしてください 高度な設定 このリンクを含むセクションを開きます。 
      • [キューの詳細]ウィンドウが開きます。 のステップ4にスキップします キューの詳細ウィンドウから アクティベーションを完了するための手順(以下)。 選択したキューで予測ルーティングをアクティブにするために、このペインに戻る必要はありません。
    2. クリックしない場合 高度な設定、 クリック 予測ルーティングをオンにする アクティベーションを完了します。 キューリストページが再び開き、[ルーティング方法]列に予測[処理中…]が表示されます。 詳細については、を参照してください。 KPI処理フェーズ

  1. クリック 予測ルーティングをオンにする から 比較テスト結果 ペイン。 [予測ルーティングをオンにする]ペインが開きます。
  2. 最適化する KPI を選択します。 デフォルトでは、予測ルーティングは比較テストに使用したKPIを選択します。
  3. を変更するには タイムアウト値 デフォルトの30秒から別の値に、クリックします 高度な設定
  4. 追加の構成オプションが必要かどうかに応じて、続行する方法について2つの選択肢があります。
    1. (オプション)クリック その他の設定 フォールバックルーティング方法およびその他のパラメータを設定します。 最初にこのリンクが表示されない場合は、をクリックしてください 高度な設定 このリンクを含むセクションを開きます。 
      • [キューの詳細]ウィンドウが開きます。 のステップ4にスキップします キューの詳細ウィンドウから アクティベーションを完了するための手順(以下)。 選択したキューで予測ルーティングをアクティブにするために、このペインに戻る必要はありません。
    2. クリックしない場合 高度な設定、 クリック 予測ルーティングをオンにする アクティベーションを完了します。 キューリストページが再び開き、[ルーティング方法]列に予測[処理中…]が表示されます。 詳細については、を参照してください。 KPI処理フェーズ

  1. キュー名をクリックして、[キューの詳細]ページを開きます。
  2. [ルーティング]タブから、[ 予測ルーティング ルーティング方法として。 
  3. 目的のKPIを設定し、 タイムアウト値。 このキューの利益評価は、実行した場合、どのKPIが最適化の可能性が最も高いかを示します。 
  4. すべてのキュー インタラクションに使用 
  5. 予測ルーティングでワークロードバランシングを使用するには、ワークロードバランシングオンに設定します。
  6. 予測ルーティングでスキルマッチングを使用するには、スキルマッチングオンに設定します。
  7. 標準フォールバックルーティング方式の評価方式を設定します。
  8. クリック 保存して続行 さらに変更を加える、または 保存する 終わったら。 クリックした後 保存する、キューリストページが再び開き、[ルーティング方法]列に予測[処理中…]が表示されます。 詳細については、を参照してください。 KPI処理フェーズ