キューの予測ルーティングをアクティブにする

キュー内のすべての音声インタラクションの予測ルーティングを有効にする準備ができたら、次のいずれかの場所からプロセスを開始できます。

次のビデオでは、キュー上のすべてのインタラクションを処理するためにプレディクティブ ルーティング サブスクリプションを開始する手順を示しています。手順書はビデオの後に続きます。

  1. キュー ベネフィット評価ペインから予測ルーティングをオンにするをクリックします。[予測ルーティングをオンにする] ペインが開きます。
  2. 最適化する KPI を選択してください。デフォルトでは、プレディクティブルーティングは最適化に最適なKPIを選択します。
    • 予測ルーティングをアクティブにした後に選択した KPI を変更できますが、変更を行うと新しい処理期間につながることに注意してください。
  3. タイムアウト値をデフォルトの 30 秒から別の値に変更するには、[詳細設定] をクリックします。
  4. 設定オプションを増やすかどうかに応じて、続行する方法は 2 通りあります。
    1. (オプション)フォールバック ルーティング方法およびその他のパラメーターを設定するには、[その他の設定] をクリックします。最初にこのリンクが表示されない場合は、[詳細設定] をクリックしてこのリンクを含むセクションを開きます。
      • キューの詳細ウィンドウが開きます。キューからの詳細ウィンドウの手順 (下記) のステップ 4 をスキップして、アクティブ化を完了します。選択したキューの予測ルーティングをアクティブにするには、このペインに戻る必要はありません。
    2. 詳細設定をクリックしない場合は、予測ルーティングをオンにするをクリックしてアクティベーションを完了します。キュー リスト ページが再オープンし、ルーティング方法列に予測 [処理中...] が表示されます。詳細については、KPI 処理フェーズを参照してください。

  1. 比較テスト結果ペインから予測ルーティングをオンにするをクリックします。[予測ルーティングをオンにする] ペインが開きます。
  2. 最適化する KPI を選択してください。デフォルトでは、プレディクティブ ルーティングは比較テストに使用した KPI を選択します。
  3. タイムアウト値をデフォルトの 30 秒から別の値に変更するには、[詳細設定] をクリックします。
  4. 追加の設定オプションが必要かどうかに応じて、続行する方法は 2 通りあります。
    1. (オプション)[More settings]をクリックしてフォールバック ルーティング方法およびその他のパラメータを設定します。最初にこのリンクが表示されない場合は、[詳細設定] をクリックしてこのリンクを含むセクションを開きます。
      • キューの詳細ウィンドウが開きます。キューからの詳細ウィンドウの手順 (下記) のステップ 4 をスキップして、アクティブ化を完了します。選択したキューの予測ルーティングをアクティブにするには、このペインに戻る必要はありません。
    2. 詳細設定をクリックしない場合は、予測ルーティングをオンにするをクリックしてアクティベーションを完了します。キュー リスト ページが再オープンし、ルーティング方法列に予測 [処理中...] が表示されます。詳細については、KPI 処理フェーズを参照してください。

  1. キュー名をクリックすると、キューの詳細ページが開きます。
  2. [ルーティング] タブから 予測ルーティング ルーティング方法として使用されます。
  3. 希望する KPI を設定し、 タイムアウト値. このキューのメリット評価を実行した場合、どのKPIが最適な最適化の可能性を示しているかを示します。
  4. すべてのキューインタラクションに使用を選択します。
  5. 予測ルーティングでワークロード バランシングを使用するには、ワークロード バランシングオンに設定します。
  6. 標準のフォールバック ルーティング方式の評価方式を設定します。
  7. 保存して続けるをクリックしてさらに変更を加えるか、完了したら保存をクリックします。[保存] をクリックすると、キュー リスト ページが再オープンし、ルーティング方法の列にプレディクティブ [処理中...] が表示されます。詳細については、KPI 処理フェーズを参照してください。