緊急グループを有効または無効にする

前提条件
  • ルーティング >> EmergencyGroup >> 編集意見 権限

フローまたはコールルートを緊急グループに割り当てるには、追加の権限が必要です。 詳細については、 キュービュー.

緊急グループを有効または無効にすることができます。 公開されたフローに関連付けられているアクティブな緊急グループは、コールルーティングにルートの横に赤い炎のインジケータとともに表示されます。 緊急事態が発生した場合に緊急グループをアクティブにすると、インタラクションは[緊急ルーティング]で選択したフローに従います。 緊急グループとコールルートを使用する方法の例については、を参照してください。 緊急事態

 メモ:   Genesys Cloudは、以下の順序でスケジュールを評価します。
  • 緊急
  • 休暇
  • クローズ
  • Open

緊急スケジュールが有効になっていない場合、既定の評価は閉じられます。

赤いフレームをクリックして緊急グループを開き、設定を表示または編集します。 

緊急グループを有効または無効にする

緊急グループをアクティブにすると、緊急用に選択されたフローは、発信者がそのフローに入ったときに実行されます。 または、Eメールフローでスケジュール決定アクションを設定した場合は、Eメールがフローに入るときにArchitectが指定された緊急パスを選択します。

  1. [管理]をクリックします
  2. 下 ルーティングクリック 緊急事態。 [緊急]ページが開きます。
  3. アクティブにする緊急グループの横にある次のいずれかを実行します。
    • 緊急時に緊急グループをアクティブにするには、をクリックします。 有効にする
    • 緊急グループを非アクティブとして指定するには、をクリックします。 無効にする
  4. クリック 保存する。