通話ルーティングの概要

前提条件

 以下の権限

  • Architect > Flow > View 
  • ルーティング > 通話ルート > 追加, 編集, 表示, 削除
  • Routing > Emergency Group > Edit, View
  • Routing > Schedule Group > View

On the Call Routing tab, you can view a list of active call flows and the telephone number or numbers tied to them. When a user dials a specific telephone number, or dialed address, they will be routed into the inbound call flow associated with that telephone number. 

    名前    説明
    追加  このボタンをクリックしてコールルーティングページを開き、コールフローをダイヤルされたアドレスにマップし、定期および緊急のルーティングスケジュールを選択します。
    削除 削除したい通話ルートエントリの横にあるチェックボックスをオンにして、 削除. Genesys Cloudは、削除する前に決定を確認するよう求めます。
    検索  検索するコールルートの最初の数文字を入力します。 Genesys Cloudはリストをフィルタリングし、選択を絞り込みます。
    名前 この列のリンクは、各呼び出しルーティングエントリを表します。 リンクをクリックすると、エントリが開き、変更が加えられます。
    拡張ボタン (+) コールルートにスケジュールベースのルーティングが含まれている場合は、[+] をクリックしてエントリを展開し、コールフローやオープン、クローズ、祝日の各スケジュールなどの詳細を表示します。
    着信電話番号 この列には、指定されたコールフローを入力するためにユーザがダイヤルする電話番号または番号が含まれる。
    スケジュール グループとコール フロー この列には、コールルートに関連付けられたスケジュールグループとコールフローが表示されます。

    コールルーティングの詳細については、次の記事で概説されているタスクを参照してください。

    タスク    説明
    通話ルートを追加する コールルーティングエントリ (関連するコールフロー、電話番号、スケジュール、スケジュールグループなど) を作成して設定します。
    通話ルートの管理 通話ルーティングエントリの名前、指定されたダイヤルされたアドレスまたは電話番号、コールフロールーティング定義を変更するか、またはコールルートを完全に削除します。
    通話ルートのスケジュールベースのルーティング詳細の表示 スケジュールベースのルーティングを使用するコールルーティング構成を表示およびアクセスします。